菊花賞2022予想です。

阪神芝3000mで行われるGⅠ菊花賞2022。

今年はガイアフォース・アスクビクターモアが人気の中心となりそうです。

春の皐月賞・ダービー上位組が不在となり大混戦と言える今年の菊花賞。

どの馬がクラシック最後の1冠を手にすることとなるのでしょうか。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

では早速予想へ入りましょう。

菊花賞2022予想。本命と穴馬。

阪神3000mで行われる菊花賞。京都との大きな違いは圧倒的なスタミナ勝負になりやすいという点。

阪神内回り3000mは直線の急坂を2回超える必要がありますし、内回り戦ということでスパートが早くなりやすく持続力が問われるレースとなります。

今年はクラシック上位組が不在ということもあり、血統的なスタミナの裏付けが重要となるのではないかと思っています。

昨年は欧州・ロベルトといったスタミナ型が活躍しましたが今年は昨年以上に欧州・ロベルトといったスタミナ・持続力の血が必要となると見ています。

では、レースの展開を考えてみます。

ポイントはディナースタの存在。

道中大きく捲る競馬をする本馬がいることで間違いなく持続力勝負になるはずです。

鞍上は継続騎乗ですし捲って4角先頭が本馬の理想であることはわかっているでしょう。

捲りがはまると内の先行勢も一気に動きますし、それにつられて後方もペースがあがります。

昨年よりさらにスタミナが問われるロングスパート持続力勝負を想定したいと思います。

内で脚を溜めていると前から垂れる馬を捌く必要があるので器用さのある馬出ないと厳しいか。

外目から末脚を伸ばし続けることが出来るような持続力タイプが好走出来るレースとしたい。

では上記を踏まえて本命はこの馬。

人気ブログランキングB

本馬は後半のラップで11秒前半が求められるような速いラップでは対応できず厳しい競馬になりがちですが、持続力とスタミナが問われるような消耗戦になると能力を存分に発揮できます。

前走はラスト3F11.4→11.2→12.1秒ということで本馬には厳しい流れになりました。

ただ、最後までじりじりとは伸びていたのでやはり速い上がりに対応できなかっただけと思います。

今回は想定するような展開になるのであればおそらく11秒後半から12秒台の持続ラップとなるはずですし直線坂で急な失速がある消耗戦。

このラップは本馬の得意とするラップバランスなので前走より着順は上がってくるはずです。

血統を見ても昨年好走したエピファネイア産駒であり母父はキレないサンデー系で現役時に長距離実績のある血。さらに牝系に欧州グレイソブリンの血を引きます。

そして長距離戦ではやはり鞍上の仕掛けもかなり重要な要素だと思いますが、はっきりとした鞍上強化。

展開・血統・鞍上と全て揃ったと思います。想定通りの持続力勝負なら一発の魅力十分ですね。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

前走で内をするすると抜けてきて好走していることから、器用さを持ち合わせている馬ですね。

血統を見ても父ロベルト・母母父サドラーズウェルズ系・母母母父ブラッシンググルーム系であり母父ディープインパクトということで欧州型の塊とも言える牝系にディープの速さを備えています。

インでじっと我慢しながら前から垂れてくる馬を捌いてしまえばインはすっぽりとスペースが出来そう。

前走同様インから一気の差し脚に期待したいと思います。

以下、相手候補にドゥラドーレス・アスクビクターモア

△候補にボルドグフーシュ・フェーングロッデン・ガイアフォース・ポッドボレット・セレシオンとします。