天皇賞秋2022予想です。

東京競馬場芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋2022。

超豪華メンバーが揃いましたがイクイノックスが人気の中心となりそうですね。

3歳勢対古馬勢という構図になりそうですが、どちらに軍配があがるか。締まったレースとなりそうで非常に楽しみです。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

競馬サイトが多数乱立するなか・・・

本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

では早速予想へいきましょう。

天皇賞秋2022予想。本命と穴馬。

まず今年の天皇賞秋を予想するにあたって展開を考えます。

例年ですと後傾ラップスピード持続力勝負ですが、今年に至ってはパンサラッサがいます。

この馬は逃げて前傾ラップのレースを必ずと言っていいほどに作り出します。

過去のレースを見ても逃げたレースは前傾ラップ。ここにきて抑える競馬はしないでしょうからまず前傾になると想定します。

次に馬場ですがこれは圧倒的な差し天国の外目有利な馬場。

先週も同様でしたが今週に入ってもその傾向に変わりはありません。土曜の競馬を見ていても外差しがバンバン決まっていましたね。

時計は先週同様に速く高速設定に変わりはありません。

まとめると前傾ラップ・外差し・高速馬場・直線が長いコースというのが今の東京。

これに適性がハマる馬を狙っていきたいレースとなります。

また、時計が速い天皇賞秋はマイル寄りの適性が問われます。

ここ2年はやや時計がかかり気味でしたのでクラシック寄りでしたが、今年はパンサラッサが作る流れと今の馬場から時計は速い決着を想定します。

血統としては同じ2000m重賞でも必須と言えるヴァイスリージェントに注目したいと思っており、穴をだすならこの血統を持つ馬としておきます。

では上記を踏まえた本命はこの馬。

イクイノックス

東京がベストの舞台であることは明白。ただ、はっきりと向かない小回り中山の皐月賞を大外から早めに動いて結果を出したことは能力の証明であり基本的な性能の高さが伺えます。

ダービーでも不利な大外から直線だけでドウデュースに迫りましたし、そのレースで前傾ラップを経験した点はここにも活きてくるでしょう。

外が伸びる差し馬優位な馬場・時計が出る馬場は歓迎。好走する条件が揃ったここでの凡走はないと見ます。

では穴で注目したい馬ですがまずはこの馬。

人気ブログランキングB

昨年の天皇賞秋では初の58キロに後傾ラップということで厳しい競馬になりましたが、それでも悪くない着差でした。

前傾ラップとなった3走前にGⅠで勝利していることから、当時と同様な厳しいラップバランスになりそうなここはパフォーマンスを上げてくる可能性が高いと思っています。

新馬以外の勝利・連対は全て2000m戦ということでこの距離に適性が高いことは疑いようがないところですので前走からの舞台変わりも良い。

前走で高速決着を経験出来ている点もプラスに出てくると思いますし中2週での参戦は3走前のGⅠ勝利時と同様の臨戦過程。

母父ヴァイスリージェント系を持ち、スピードの持続力勝負には向くはずで上位勢に割って入る好走に期待したいです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走2000m重賞を好時計で圧勝していることはやはり評価しておくべきだと思います。

その内容も圧巻で差し馬が上位を独占するような展開であったにも関わらず、4角2番手から伸びない内をグングン伸びて上がり最速圧勝。

負かした相手も自走でGⅡを勝利していますので決してメンバーレベルが低かったわけでもないです。

枠的に如何に外に切り出すかという点が問題にはなりそうではありますが、直線までしっかり脚を溜める競馬が出来ることは良いですし、おそらくGⅠですので直線はある程度馬群が広がると見ますのですんなり出せるはず。

高速馬場への適性・長い直線での実績はあります。血統的にも父ヴァイスリージェント系ということで文句なし。

如何にもマイル寄りの血統構成でありますが、それがここで活きてくるのではないかと思っています。

かなり舐められたオッズと思いますし一発に期待しています。

以下、相手にはダノンベルーガ・ジャックドール

△にカラテ・ノースブリッジ・シャフリヤールとします。

以上で天皇賞秋2022予想を終わります。