マイルチャンピオンシップ2022予想です。

阪神芝1600mで行われるGⅠマイルチャンピオンシップ2022。

今年はGⅠ馬は3頭いるもののその3頭は世代限定GⅠや牝馬限定GⅠ馬ということで、古馬混合GⅠ馬は不在。

大混戦とも言えるメンバーでありオッズも割れそうです。

ここを制して秋のマイル王となるのはどの馬となるか。大きな注目が集まりますね。

PR

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。

本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。



では早速予想へいきましょう。

マイルチャンピオンシップ2022予想。本命と穴馬。

まずは馬場ですが、レース時には雨は上がっていると思いますがある程度の影響は残しそう。

開催も進んでおりタフな馬場は想定しておくべきでしょう。

傾向としてはマイル路線を進んできた3歳勢はかなり苦戦しており、ここ10年程度で馬券になったのはシュネルマイスターのみ。

本馬は3歳時に安田記念でも馬券になっており、その能力が古馬に通用することは証明していました。

昨年は女傑グランアレグリアがいましたので、この馬さえいなければというところでしたね。

今年もNHKマイル王者に前哨戦マイル重賞王者の3歳勢が出走してきますが、果たしてどうかというところ。

やはり東京と阪神の馬場差は十分に考慮しておくべきで、タフな持続力勝負・欧州的な要素が重要になるこの時期の阪神マイル戦と軽いキレが求められる東京では適性がかなり異なります。

キレと軽い馬場で結果を出してきた3歳勢は評価を下げてみたいと思っています。

戦績として注目したい点として、マイルより少し長い距離の重賞で結果を出している馬です。

スピードよりもタフさを重視したいところで、短距離寄りのレースにはならず中距離寄りレースでも走れるマイラーを見ていきたいところ。

血統の傾向としても欧州型の血を持つ馬が良さそうで、グランアレグリアは別格とすると阪神で開催された2年は欧州志向の強いタイプの好走が目立っています。

では上記を踏まえての本命はこの馬。

人気ブログランキングA

欧州血統の塊ともいえる血統背景であり、実績からもここに適性があることに疑いようはありません。

1800m重賞勝ち、2000m重賞2着の実績もあり申し分ありませんね。

ここのところ行き足がはっきりと悪くなっていたので前走で速い流れを経験したことはここに活きてくると思いますし、前走もカットされなければもっと着順は良かったはずです。

後方からになることを嫌った上での前走だったとするならば、今回はもっと前から競馬が出来るでしょう。

中断から外に切り出してグイグイ伸びてくれることを期待したいと思います。

次に穴で注目したいのはこの馬。

競馬ブログランキング

本馬にとっては恵みの雨となるはす。

前走で速い上がりにも対応できた点は能力そのものの成長が伺えますが、本質は上がりのかかる競馬でこそなので馬場が重くタフになることは絶好条件です。

外目が伸びてきていることは明白であり、外目の枠を引けたことも本馬には好都合でしょう。

欧州系キングマンボを父に持ち、トニービン内包。さらに母父は長距離志向の強いキレないサンデーなので舞台適正は安田記念よりかなり好転するはず。

GⅠでは足りないと言うにはまだ早計。一発の魅力十分の1頭ですね。

以下、相手としてサリオス・ジャスティンカフェ

△にピースオブエイト・ダノンザキッド・ソダシ・ダノンスコーピオン・セリフォスまで。

以上でマイルチャンピオンシップ2022予想を終わります。