競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

30代後半現役看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

競馬回顧

菊花賞・富士ステークス2016回顧と次走注目馬です。

その前にまずは重賞以外の先週の結果報告から入ろうと思います。

土曜日は散々な結果でした。勝負レースの本命は来るけどヒモがズレるレースばかり。ドカンと当たるレースがなくマイナスで終了。

富士ステークスも△△◎となんとも微妙な結果。内容は回顧で振り返ります。

日曜日は新潟が好調で何とかプラスで終了。ただ買い方ひとつで大きく勝てていただけに勿体ない内容でした。東京・京都は相変わらず本命来るけどヒモがずれるが多かったです。京都最終は◎ブロンズテーラーだっただけに取れていたらと思わされました。

綺麗にはまったのは新潟1R・2R・3R・9Rでした。内容を一部公表します。

新潟1R

本命はイナズママンボ。前走はラバピエスから0.1差の2着。ラバピエスが昇級戦で2着に入ったことを考えるとイナズママンボの能力はここでは抜けているはず。

相手にフレンドパリ。前走は先行馬に苦しい展開ながら踏ん張って4着。同じく先行して5着だったハノハノボーイが次走新潟で3着好走していることからこの馬も圏内でしょう。

3番手にニシノレディー。ダート変わりで一変しました。ここでも十分圏内でしょう。

以下、7.4.15まで。馬連と3連複。上位へ重ねて。3連単を小点数で。

新潟2R

本命はファンシーアモン。前走は今日の東京1Rでぐりぐりの人気に支持されるはずのムーンザムーンに0.1差の6着。使われて馬がどんどん良くなっている。中山から直線の長い新潟に変わるのも大幅プラスでパフォーマンスを大きくあげてくるのでは。

相手にゴールドケープ。前走のラヴィングアンサー組は6頭が次走で3着内に好走していてレベルの高い1戦だったように思う。2走前にはデュプレシス騎乗でリンクスゼロと差のない競馬をしていることから、未勝利では能力上位の存在なはず。

3番手にサクラサクコロ。前走は4コーナー回って躓きながらもそこから盛り返して4着。あの不利から差し返したのは能力の証でしょう。

以下、6.3.8.7.9まで。3連複と馬連を上位に重ねて。人気はそこまでないはずなので単系も。

新潟3R

明らかに先行勢手薄。小頭数ですが狙ってみたい馬が1頭います。

本命にカルムパシオン。前走のキタサンコンサート組は次走出走した全頭が3着内に好走。この馬は14着でしたが0.1差の12着の馬ですら3着内好走しています。このメンバーですと楽逃げは濃厚ですし、ゲートさえ決めればそのまま残せるのでは。

相手にはハギノグランコートとハローマイディアの2頭が本線。どちらもここでは能力上位間違いないです。

以下、先行すれば残す可能性あるサンアンダーソンまで。

馬券は馬連・ワイドもしくは3連複で。ワイドが効率良さそうに見える。

新潟9R

本命はイワヌガハナ。内の2頭がかなりやりあってペースが速くなりそう。そうなると外目の差し馬が絶好のねらい目。ここ数戦は安定した末脚を出しておりここは展開向くはず。

相手にテイエムリヴェイラ。着順は冴えないがここ2走はともに0.5差。前がやりあう展開になれば一気に着順をあげてくるのでは。

 3番手にリリーグランツ。1200mは久々で3着内はまだありませんが9走前に中京で4着。左回りは大丈夫ですし今回の予想する展開になると末が届きそう。

以下、12.6.9.15まで。差し優位の展開予想なので来るならまとめてくるはず。3連複と馬連をベースに。単も少しだけ。今のままの人気なら単勝も押さえる(現在・単18.2倍)。

新潟9Rは5着まで拾えていたので完璧でしたが、切実に14番人気の15番が3着だったらと。3連複200円と3連単も持っていたので残念です。

このような予想を土日のレース当日の朝にメルマガにて無料配信しております。無料メルマガ「競馬力向上委員会」を是非ご活用下さい。

メルマガ登録はこちらをクリックいただければ登録ページへ移動します。

「競馬力向上委員会登録ページ」

では重賞回顧に入ります。

富士ステークス2016回顧


東京の芝は内もしっかり伸びていた。やや内有利かと思いましたがほぼフラットだったでしょうか。

レースはテイエムイナズマが押し出されるようにハナへ。スローペースで馬群は一団となったまま直線へ。ここまでは想定通りでここから一気に加速力勝負になると思っていましたが内の立ち回り勝負。

内から上手く立ち回ってしっかり伸びたヤングマンパワーが1着。同じく中団から上手くインをついたイスラボニータが2着。本命のダノンプラチナは外から追い込んでの3着となりました。

ヤングマンパワー・イスラボニータは上手く立ち回れて展開も向いた。両馬のいいところが上手く引き出される形でした。

ヤングマンパワーは立ち回りタイプでもあるので本番のマイルチャンピオンシップはキレが求められることから着順は落としてしまいそう。

イスラボニータは能力的には重賞クラスの力は維持しているがG1ではもう苦しいか。今回はルメールの好騎乗でした。

ダノンプラチナは展開向いていないと言えども、前走の手ごたえならあの位置から差し切れたようにも思います。本番の方が展開は向くはずですが今日の内容では半信半疑。

1番人気ロードクエストはこの展開で後方外からではどうにもならない。不器用な差し馬で本番の展開は向かないと思いますがこの敗戦で大きく人気を落としてくるなら押さえても。

次走注目馬

ガリバルディ

全く展開向かずで参考外。ただ、大外から上がり最速でまとめており、外が伸びる馬場だったらまとめて差し切って快勝の結果だったように思う。この馬は不器用なタイプでもないので本番の馬場・展開は向きそう。マイルチャンピオンシップでは要注意。

人気ブログランキング

この馬にとっては一番向かない展開。2走続けて全く向かない流れになってしまった。馬柱が汚れてきたのでそろそろ人気が落ちるかも。12月の阪神で行われるチャレンジカップに出走してくれば重い印を打ちたい。

菊花賞2016回顧


京都は変わらず内が有利で早い馬場。ただ、展開一つで外差しが決まり出していた。

レースはミライヘノツバサがレース前からの予想通りハナを主張。サトノエトワールやアグネスフォルテらも行くがハナは譲らず。サトノダイヤモンドとディーマジェスティは中段やや後方の外目を追走。

前半はハイペースで流れていたが中盤で一気にペースが緩む。ここでしかける馬が数頭でていたが2強は大きな動きを見せず。

正直ここで本命馬のカフジプリンスには動き出して欲しかったのですが全く動かず。この時点でダメだなと思いました。

後半は一気にペースが上がっての加速力勝負。立ち回りも上手くギアチェンジもスッと効くサトノダイヤモンドは絶好の手ごたえで直線へ。そのまま危なげなく押し切っての完勝。

ディーマジェスティはスッと反応できない差がはっきりと出てしまったか。押して押してサトノダイヤモンドに食らいつこうとしていたが、サトノダイヤモンドのギアが入った途端に離されてしまった。追い出してからの反応が遅いだけにサトノダイヤモンドの後ろからでは厳しい位置取りだったか。力負けではないと思います。

本命馬のカフジプリンスは敗戦パターン。神戸新聞杯と同じような展開でした。もっと積極的に動いてスタミナを活かすような流れに持ち込んで欲しかったのですが残念です。次走は乗り替わりでしょうか。

次走注目馬

レインボーライン

走ってもなかなか人気しない馬。未勝利勝ち以降3番人気以内に支持されたこともありません。この激走もフロック視されそうですが今回の菊花賞の展開で2着は能力の証でしょう。器用な立ち回りタイプではないので末をしっかり活かせるコースで。

にほんブログ村 競馬予想サイト

展開も距離も全く向かないと思われた中でのこの着順は正直驚きました。前走の出来が本当に悪かったので大きく上げてきていたのでしょう。叩いたほうがいいタイプなのかと思います。次走はさらにパフォーマンスを上げるのではないでしょうか。

以上になります。今週は3重賞で天皇賞・秋も豪華なメンバーが そろいました。非常に週末が楽しみです。

 

こんばんわ。先週から3場開催でしたね。出走頭数は増えていますが次走に注目したい馬は増えているかどうか。

障害は正直わかりませんのでそれ以外のレースを振り返って次走に注目出来る馬をピックアップしていきたいと思います。

土曜日の新潟


 

5R メルマガ限定 穴推奨

詳細はメルマガで配信させていただきます。

6R サトノギャラクシー

1800m以上の小頭数で外目の枠と注文は付きますが、条件そろえば今回のような激走も再びあるはず。この馬はズブい上に被されると止めるという扱いづらい馬なので、小頭数で外目スムーズなら。

7R メルマガ限定

詳細はメルマガで配信させていただきます。

土曜日の東京


2R メルマガ限定

詳細はメルマガで配信させていただきます。

10R にほんブログ村 競馬予想サイト

差し競馬となって先行勢には苦しい展開。その中で先行勢再先着は十分評価出来る内容。1200mからの距離延長でのこの展開も苦しかったはず。同距離でもう少しメンバーが落ちるか距離短縮で馬券内好走するはず。

土曜日の京都


8R エイシンヒマワリ タガノヴィアーレ

前半3F-5Fが34.4・58.4秒。これはさすがに早すぎた。1200m通過タイムも70.5秒。これは日曜の1200m勝ち馬エイシンバッケンより早いタイム。この前半の入りで引っ張り続けたエイシンヒマワリはもちろんそこについていってラスト1ハロンでは先頭に立っていたタガノヴィアーレも次走は要注目。

12R ジーブルメリア

8Rのタイムとほぼ同等のタイムで圧勝。前半の入りからの流れまでほぼ同じ。このタイムで押し切ったのは能力の証拠でしょう。この日の1400mは異様に早いタイムでしたが1800mは普通のタイムなので特別に時計が出る馬場とも言えないか。このクラス上位のソーディバインが最後ついて行けずに垂れてしまったのを見てもスピード上位は明らか。揉まれない方が良さそうで次走も逃げの手がうてるメンバー構成なら昇級即通用。

日曜日の新潟


5R エムオービーナス

抜群のスタートでスッと番手へ。スピードを活かしたまま2着好走。未勝利なら好勝負となるはず。距離短縮でさらに好走確率高まる。マイルへの延長は見送りたい。

 

日曜日の東京


10R ダイワレジェンド

初ダートとなりましたが、血統通りダートで十分通用するところを見せてくれた。この距離は明らかに長い印象でしたが、次走はダート慣れも見込め十分勝ち負けに持ち込めるはず。人気になるのは間違いないと思いますがダート適正あり、能力は信頼したい。

日曜日の京都


3R 人気ブログランキング 穴推奨

かなりの大差がついたので次走は人気急落すると思いますが、そこまで弱い馬ではないはず。初戦より5秒近く早い1000m通過タイムなら余力は残らない。初戦はスロー・今回は高速馬場に乗せられた前傾。次走内~中枠でスムーズに逃げてしまえば大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性あり。距離延長でゆったり行けた方が良さそう。

5R コロナシオン

クラシックをはっきり意識出来る勝ち方。ラスト2ハロンで全くタイムが落ちなかった点も優秀。重賞即通用するはずで、阪神JFの最有力馬でしょう。

7R ブランドベルグ

高速馬場の京都。スピードを乗せすぎて前に行ってしまうと最後は伸びなくなってしまう。このレースの勝利タイムは春のマイラーズカップより早いタイム。その中で番手追走から3着まで残せたのは能力の証でしょう。乗り難しい馬ですがこのクラスは十分卒業出来る能力を持っているはず。鞍上強化すればすぐに勝ち負け。

全レース分析した結果、次走以降に注目したい馬を数頭あげてみました。人気サイドから穴まで出てきたと思います。

メルマガは無料で配信させていただいております。ご興味ありましたら一度目を通していただければと思います。クリックいただければメルマガの詳細ページへ飛びます。

「競馬力向上委員会」

こんにちわ。府中牝馬ステークス・秋華賞回顧です。

まずは先週の結果からですが、土曜は全体的に非常にいまいちでしたが日曜は勝負レースとブログ推奨馬がなかなか好成績。2重賞は共に残念な結果でしたが全体的には悪くない週末となりました。

ただ、重賞の成績がほんとに悪いのでここらへんでどうにかしたいです。来週の重賞こそは結果を出したいですね。では回顧です。

◆府中牝馬ステークス回顧◆

土曜日の東京は明らかな内有利というわけではないがやや内有利馬場。展開次第で外も伸びる感じでした。
レースはシャルールが奇襲とも言える逃げに出る。上位3頭となるクイーンズリング・マジックタイム・スマートレイアーは前目の位置取り。
前半1000mが60.6秒とスローで経過。このペースで流れると後ろの馬は届かない。
直線向くと逃げたシャルールは後退。変わって先行していたクイーンズリングらが先頭へ。

勝ったのはクイーンズリング。通った馬場・展開を考えると完璧な騎乗。マンハッタンカフェ産駒らしく外を伸び伸びと走ることが出来たのが良かった。エリザベス女王杯でも有力だが外枠を引く条件付きか。

マジックタイムは最内からこれ以上ない騎乗でしたが決め手勝負になると苦しかったか。パワーを要する展開のほうがパフォーマンスは上がるはず。

スマートレイアーは無難に乗って無難にまとめた感じ。

本命馬のハピネスダンサーは切れるタイプでないのでこの展開で中団後方よりのポジション取りではどうにもならない。暮れのターコイズステークスは合うかもしれない。

☆次走注目馬☆

アスカビレン シュンドルボン

最後に上り1位・2位の脚を繰り出して追い上げたが、後方ポジションでこの展開では届かない。共に立ち回りの決着は向かない印象。アスカビレンは2ターンのコースの方が相性はいいはず。シュンドルボンは展開待ちになるところはあるが前が流れる展開なら。

◆秋華賞回顧◆

京都は土日通して明らかに内有利な馬場。いかにしてうまく内目を立ち回ってロスのない競馬をするかが、そのまま結果に繋がるレースが多かった。

レースは逃げか番手だろうと思っていたエンジェルフェイスがポジションを奪えず。クロスコミアが外から一気にハナを奪い、ネオヴェルザンディ・ウインファビラスが続く展開。

向こう上面でかかり気味にカイザーバルが先団へ。前半1000mが59.9秒。2010年以降のの秋華賞をみてもジェンティルドンナとヴィルシーナが死闘を演じた2012年に次ぐ遅いペース。例年の前傾ラップとは変わって後傾ラップの立ち回り加速勝負となった。

直線に入ると内の伏兵馬は能力差もあり残せない。先に動いていたカイザーバル・パールコードをスムーズにポジションを取れていたヴィブロスが一気に差し切った。

ビッシュは4コーナーまでは抜群の反応のように見えたがここから何も出来ず。展開も後方馬には全く向かなかったがそれにしても負けすぎ。輸送が響いたのかメンタル面で何かあったのかもしれない。

ジュエラーは内で閉じ込められて追い出しが遅れたのが全て。スムーズに出せていたら2着はあったはず。

本命馬エンジェルフェイスは1コーナーからかかりっぱなし。これでは失速も当然。これが能力でないのは明らかなのですが。外目からスムーズに出せるほうが気性的に合っているのかもしれません。

◆次走注目馬◆

レッドアヴァンセ

距離はここまでが限界か。こんかいは展開利も含めての着順かも。理想はマイル前後は間違いないはず。G1ではおそらく能力的に足りないので牝馬限定のG2~なら十分勝負になるはず。

人気ブログランキング

かかり具合を見ても距離は明らかに長い印象。脚があがってしまいそうな流れを押し切ったあたり能力はある。次走は距離短縮でさらにパフォーマンスをあげてくるはず。今回はパワーで押し切った感じなので平坦よりは急坂コースのほうが合うはず。

にほんブログ村 競馬予想サイト

この展開で最後方からはどうにもならないので参考外。レースセンスに欠けるので2ターンよりは1ターンのコースの方が合っているか。。若しくは距離延長でゆったり走れる2400mあたりで見てみたい感じもする。

以上です。今週は富士ステークスとG1菊花賞。菊花賞は枠順に左右されるところもあるので、まずは有力馬がどの枠に入るかが注目ですね。

先週の平場レースから次走注目したい馬を数頭ピックアップします。人間の記憶はどんどん薄れていってしまうものなので、私はターゲットに残して次に出走してきた時に予想の参考にしています。3日間開催でしたが馬場傾向がはっきりしておりここで凡走しての次走激走馬はそこそこに居そうです。

土曜の東京


8R

ジュンザワールド・ローレルウラヌス・シアーライン・ミュゼリバイアサン

前半1000m58.5秒は今年の根岸ステークスと同等のタイム。稍重を差し引いてもこのクラスでは早すぎるので逃げ・先行馬は残せなくて当然。上記の前3頭は平均ペースの先行なら次走残せる可能性が高そう。特にローレルウラヌスは人気しないはずなので要注目。ミュゼリバイアサンはこの距離は短い。距離延長で見直し。

土曜の京都


2R

テイエムシュート・マイティドリーム・ディープウィンダム

前半1000mが58.6秒。これは今年の同コース最速。この時計で前半入ると先行馬は残せなくて当然で引っ張られてのレコードも納得がいくもの。先行して唯一馬券圏内に残したテイエムシュートはもちろんですが、最終コーナーでかかり気味に先頭に立ってしまっていたマイティドリームとスタート後からハナ争いをしていたディープウィンダムも次走注目。後述2頭は距離短縮で見直してみたい。

8R

エイシンティンクル・ビービーブレスユー・ディアスプマンテ・グランノーブル

エイシンティンクルが前半1000mを58.6秒で入る逃げ。このタイムは今年の同コースで断トツに早いタイム。この入りで逃げて残したエイシンティンクルは普通に強い。この逃げを追走して大きく負けていないビービーブレスユー・ディアスプマンテも次走平均ペースの先行なら十分圏内。大敗に見えるグランノーブルも終始外を回しながらの先行追走でのもの。ポジション取りの差もあるためビービーブレスユーから0.8差なら次走大穴爆走注意。

10R

スマートカルロス

先行内有利の馬場でラクアミがそのまま残す展開。内目を通れたことを差し引いても最後方から上がり最速で4着まで押し上げた本馬は注目したい。このペースでも追走にかなり苦労しているので距離延長で見てみたい。

日曜の東京


2R

ジャンティーユ

この日の東京は圧倒的に外有利馬場。勝ったフローレスマジックは別格であったとして、最内にいたジャンティーユも直線入っての手ごたえは良かった。ここからというところで寄られてブレーキ。そのまま追わずに大敗。このレースで人気落とすなら次走は買いたい。

10R

ブラインドサイド

完全に前残りの展開を猛然と追い上げての3着。馬場が合っていただけの可能性もあるが次走もう一度見てみたい一頭。

日曜の京都


2R

テイエムイキオイ

重馬場を考慮してもスローペースの内目と先行馬で前残り濃厚の展開。尚且つ内しか伸びない馬場を大外に持ち出して最後方から4着まで追い上げた。今回は展開に泣かされたが次走注目。距離延長ならなお買いたい。同距離多頭数は少し割引か。

3R

アドラメルク

内しか伸びない馬場を最後方から大外に持ち出して内をスムーズに立ち回れた先行馬と0.1差4着。大味な競馬しか出来ていないが能力はあるはず。普通の馬場になれば次走は圏内。

9R

ナムラライラ・メイショウカリン

重を考慮してもスローペース。逃げたアズールムーンがそのまま残す展開でした。出遅れて1枠1番発走で最後方から大外回して上り2位の脚を見せたメイショウカリン・終始外々を回されながら同じく上り2位の脚で3着ナムラライラ。両馬ともに距離延長ならさらに好走確率があがりそう。特にナムラライラは重い馬場にフォローされた感もあるので基本的には短距離向きではない。

12R

スミレ

3コーナーで先頭に立つとそのまま押し切り。同じ重馬場で今年行われたオープンのすばるステークスに入っても4着に入れる好タイム。この時計で走られては他馬は太刀打ち出来ないのも無理なし。昇級初戦から促通用するはず。

月曜の東京


2R

マイネルジェネルー

先週の東京は外を回して差した馬が圧倒的優位な馬場。逃げて4着まで残した本馬はエアレーション馬場で内が踏み固められた開催後半なら前身ありそう。

9R 高レベルレース。1~10着まで要注目。

稍重馬場を差し引いてもコスモカナディアンの勝ちタイムはかなり優秀。昇級即通用。オープンでも通用するタイム。ここから10着までは現級なら通用するレベルなはず。西湖特別組は次走注目と覚えておきたい。

月曜の京都


1R

メルマガ限定。

7R

人気ブログランキング・プリティクイーン

ライディングハイはハナを取り切るような指示があったのか、かなり強引に競りかけていました。この展開では人気ブログランキングは厳しい。その後ろにいたプリティクイーンもつられて早めの追い出しで失速。両馬ともにテンは早いのでスムーズなら次走圏内。

~無料メルマガ「競馬力向上委員会」ご案内~

無料メルマガ「競馬力向上委員会」を立ち上げました。毎週末の重賞や平場の予想から回顧はもちろんのこと、週中は競馬力をひたすらに向上すべく血統や馬場・騎手考察から馬券の構築までお送りしていきたいと思います。ブログで公開している内容に手を加えたりブログ限定としたりして、メルマガでしかお伝え出来ない情報を発信していきます。

メルマガ配信は自分の頭の中の整理にも繋がって自分の競馬力の向上にも繋がるんですよね。一緒に競馬力向上委員会で競馬を楽しみつつ競馬力・馬券力の向上をしてみませんか?

登録してみたいと思っていただけた方はこちらをクリックして入力をお願いします。名前の欄がありますがアドレスだけでも問題ありません。(お名前あるほうが個人的には嬉しいですが(笑))

基本的には毎日、競馬に繋がる何かしらの情報を発信していくつもりですがプライベートもありますので変則になる際はメルマガ内でお知らせさせていただきます。

では、よろしくお願いします。読者の方とメルマガという形で繋がれることを楽しみにしております。

 

こんばんわ。私の住んでいるところは台風の大きな被害もなく過ぎてくれました。他のところも大きな被害が出ないことを祈りたいです。雨はさほど降りませんでしたが、週末はまた雨予報なので馬場状態には注意したいですね。

今日は先週の平場レースから次走に好走しそうな好走注目馬を数頭ピックアップしてみたいと思います。次回の馬券構築に役立てるようにしていきたいです。

土曜日の中山・阪神


阪神3R ガンサリュート

次走は思いっきり人気すると思いますが、リスグラシューの2着は本物。現2歳未勝利なら次に負ける要素が見つからない。次走は確勝級です。

阪神7R ライトファンタジア

血統の字面通りキレずバテずの馬です。メルマガでも取り上げましたが上りのかかる条件なら次走も圏内。京都でも早めの競馬で押し切れそう。

阪神9R ディオスコリーダー

1200mでぱったりと止まってしまったのでこの馬は1200までの短距離専用なのでしょう。1400なら競らずにスムーズが条件か。次走1200Dなら狙いたい。1400Dなら展開次第。

日曜の中山・阪神


中山2R サクラサクコロ

メルマガでも上位評価していましたが、やはり能力はありそう。4コーナーでつまづいて首をあげて減速してしまっていましたが、そこから再度伸びて4着。つまづいて減速している間に2着馬のコンボルドに前に入られていました。これがなければ馬券圏内に入っていたでしょう。立ち回りも良さそうですし、次走改めて期待。

中山7R スウィフトフレンド・ロードシャリオ

同タイムの2頭。勝ちタイムは準オープン並のタイムです。勝ち馬スィフトフレンドは昇級即通用。2着のロードシャリオも次走は確勝級でしょう。

中山7R モンドアルジェンテ

長期休養明けとしては上々の内容。タイムも500万は即突破レベル。次走はさらに上げてきそうで現級なら最上位。昇級しても通用するはず。

中山7R マサノジェット・コスモボアソルテ・エメラルエナジー・デュアルフレイム・ノースランドボーイ

前日同条件2着馬と遜色ないタイム。着順だけみると嫌われて人気が落ちる可能性もあるが現級能力上位でしょう。10/2中山7Rのスウィフトフレンド組はハイレベルで次走以降注目です。

阪神10R レーヴムーン メイショウブイダン

レーヴムーンは騎乗ミス。外に進路を取ろうとして前が開かないところでブレーキしながら内に切り返しましたが、この不利はどうしようもない。能力は現級上位間違いないので次走改めて。

メイショウブイダンはこの流れで外枠からでは何もできない。上りの脚はしっかりと見せてくれていたので次走展開次第で上位進出。

最後に1番気になった馬をあげておきます。

阪神1R 人気ブログランキング

スタートは良かったですが、外から被されて砂を被る展開。頭をあげて嫌がっていましたし一旦は後方まで下げてしまいました。ただ、ばらけて前が開いてからもう一度伸びようとしていましたので砂を被らない外枠からじわっといける展開なら穴に一考。テンのスピードは悪くないですし1400mへの延長か外枠で買ってみたいです。

以上となります。しっかり次走注目馬を頭にいれておいて馬券に繋げていきたいです。

 

 

↑このページのトップヘ