競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

重賞展望予想

宝塚記念2022予想考察です。

阪神芝2200mで行われるGⅠ宝塚記念2022。

タイトルホルダー・エフフォーリアをはじめとして春のグランプリにふさわしい良いメンバーが揃いましたね。

春から続いたGⅠ戦線締めくくりとなる宝塚記念。先週はマーメイドステークスを的中と波に乗れていますしガツンと的中させて夏競馬に入りたいところです。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察へいきましょう。

今年も内前有利?非主流血統に注目。

今年の宝塚記念も昨年に続いて開幕2週目。

本来であれば開幕4週目かつ梅雨時の非常にタフで荒れた馬場での開催なのですが、昨年は非常に良い馬場で開催されたこともあって4角で前につけていた馬が上位を独占しました。

元々宝塚記念は時計が速くなると前に行った馬に圧倒的有利となりやすいレース。

昨年の走破タイムとほぼ一緒のタイムだった3年前も初角~4角までずっと前につけていた馬がそのままゴールするといったレースでした。

2年前も4角先団の馬がしっかりワンツーを決めていますがこれは道中で動いてのモノ。

時計のかかる宝塚記念は非常にタフなレースとなるので最初から前につけて押し切ることは相当に厳しい。

では今年は時計がかかるのか速い時計での決着かというと、現時点ではかなり時計が速い決着を想定しています。

雨の影響を受けてタフな馬場になる可能性も、もちろんありますがやはり先週の競馬を見る限りは時計が出る高速決着を想定したい。

日曜重賞マーメイドステークスは過去10年で見ても最も速い時計での決着でしたし、やはり内前で競馬を上手く進めていた馬が上位にしっかり入っていました。

中団~後方から外を回していると届かない馬場であり、内前もしくは後方からインを通してくる競馬が必要ですね。

当日や前日にかなりの降雨にならない限りは、内前有利、イン突きが出来るかどうかの予想でいきたいと思っています。

昨年の上位勢を振り返ってみるとクロノジェネシスは非根幹距離の鬼ですので別格として、2~3着の馬は2000m以下の距離で実績のある馬でした。

やはり、前に行ってスピードを活かして最後まで走り切れる馬が有利であることを示しています。

距離延長組であり2000m以下のレースで前に行ってスピードを活かせるような競馬で結果を出している馬の信頼度はあがると見ています。

血統

基本的には非根幹距離のGⅠということで非主流型が激走するのが宝塚記念です。

宝塚記念・有馬記念はどちらも開催最終週の非根幹距離ということで非主流でありこれまでGⅠ制覇まで手が届かなかった馬が激走するようなレースでもあります。

昨年でいうと勝ったクロノジェネシスは欧州型の馬であり2着のユニコーンライオンもサンデーの血を全く持たない日本のに主流型の血統背景です。

主流型の代表的なディープ産駒がここでは全くといってしまっても良いほどに活躍できていません。

ディープ産駒は過去10年で(1・2・3・25)となっており、勝った馬は8番人気のディープ産駒。

この馬はマリアライトなわけですが、マリアライトは非根幹距離を得意とするキレないディープ産駒。

つまりキレを持ち味とするような本来のディープの特徴がしっかりと出ているような馬は全く合わないということです。

やはり狙いは非主流型であり、サンデー系でも欧州志向が強かったり日本のGⅠで勝ち切れないといった馬に注目したいですね。

宝塚記念2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

初GⅠ制覇が海外ということで如何にも日本の主流からはズレている本馬。

2走前の非根幹距離である1800m重賞も非常に強い内容で押し切りました。

スピードを活かして前に行って粘りこむということで今回想定する展開・脚質と合致します。

血統を見ても母系は重厚な欧州型であり父は母系の血を上手く引き出すことが多いことからやはり日本の主流型が走りやすいレースではなく海外や非根幹距離でこそでしょう。

国内初GⅠ制覇が宝塚記念というのも如何にもというところ。大きな期待を寄せています。

次にもう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

2桁人気想定で買いたいと思えるのはこの馬でしょうか。

前に行ける脚質はもちろんですが、古馬になってからの勝利は非根幹距離重賞のみということで、まさしく非主流といえる馬ですね。

前回勝利した2200m重賞戦ではなかなかの好タイムで走破しており、今の時計の速い阪神にも対応できると思います。

血統を見てもサンデーの血を持たない非主流型。内前圧倒的有利となれば一発があってもおかしくないと思います。

栗東滞在で調子もあがっているようです。高配当の使者として期待したいですね。是非ともに内枠を引いてほしいです。

以上で宝塚記念2022予想考察を終わります。









函館スプリントステークス2022予想考察です。

函館芝1200mで行われるGⅢ函館SS2022。

今年はナムラクレアが人気の中心となると見て間違いないでしょう。

いよいよ夏競馬開幕といった番組。サマースプリントシリーズ第1戦目となる函館SS。

サマーシリーズの重賞賞金+サマーシリーズ賞金を足せばGⅠと変わらないくらいの賞金額ということで今年もサマーシリーズからは目が離せませんね。

今年はどの馬がサマーシリーズで飛躍を遂げるのでしょうか。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?

今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!

では早速考察を進めていきましょう。

3歳勢圧倒的有利。高速時計と距離短縮。

まずは過去5回分の3着以内好走馬を見てみます。

函館SS

昨年は札幌での開催ということで2~6年前となります。

3年前は除外馬多数で参考程度。

過去の傾向としては時計は速い時計が出ており1分7秒台~6秒台が出ることさえあります。

洋芝での開催ということで時計のかかるタフなレースを想像するかもしれませんがレースの質としては開幕週ということもあり非常に速い時計で前向きさが問われるレースとなっています。

注目したいのはまず3歳勢が圧倒的に優位であるということ。

斤量の恩恵は非常に大きく牝馬50キロ・牡馬52キロで出走が可能。

また、3歳勢は本来短距離に適性がありながらGⅠがマイルということもありマイル戦線に出走することなります。

そこから適距離であるスプリント戦に戻って活躍することが期待できるということですね。

また、春のGⅠ戦線は時計が非常に速いため高速時計に対応が出来るということもありますね。

今年も3歳勢は出走を予定していますので注目したい存在となります。

次に注目したいのは距離短縮組。

時計が速い・洋芝・そしてラップとしては前傾もしくは前後半の差がないラップということで短縮組が優位な傾向。

2年前も1400mからの短縮組が穴をあけました。今年は距離短縮組は少ないですがやはり注目したいところですね。

また、斤量を見てみると斤量増となる馬は上位人気のみが好走。斤量減となる馬の穴激走が目立ちます。

そして穴をあけているのは圧倒的に関西馬である点にも注目しておきたいと思っています。

血統

前向きさと時計の速さに対応する必要があるスプリント戦。米国型の血統に注目したいレースだと思います。

また、函館短距離戦はダイワメジャー産駒も好相性でありここからも前向きな馬力型は合うということがわかります。

ロードカナロア・キズナといったところもあうのでこの2血統はどちらもストームキャット内包種牡馬。

米国型が合うのかここからもわかりますね。

函館スプリントステークス2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

これは人気でも逆らえない1頭だと思います。

クラシック戦線でも好走。もともとは1200m重賞勝ちや1400m重賞2着があるようにマイルはやや長い。

高速時計への対応も問題なく、血統的にもここに合うことは明白。

斤量の大きな恩恵もあり前々から競馬が出来る脚質も良いです。

嫌う要素がほぼないので極端な外枠を引かない限り本命としたい1頭だと思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

昨年より1キロ増と前走からの斤量増が嫌われて少しでも人気が落ちるようなら面白い1頭。

同型不在でこの馬のペースで競馬が出来ることは間違いないと思います。

速い時計での決着は問題にしませんし、前走内容から考えても衰えはない。

昨年と全く同じローテを組んで狙いすました参戦だと思います。

昨年は大外枠からでも好走していますし枠順関係なく自分の競馬が出来れば圏内濃厚でしょう。

以上で函館スプリントステークス2022予想考察を終わります。








安田記念2022予想考察です。

東京芝1600mで行われるGⅠ安田記念2022。

今年はシュネルマイスターが人気の中心となりそうではありますが混戦で非常に楽しみなメンバーが揃ったと思います。

今年も波乱の決着が待っているのでしょうか。大きな注目の集まる春のマイル王決定戦となります。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速考察にいきましょう。

スピード持続力と短距離志向。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

安田記念2022

1番人気は(0・2・2・1)となっており勝ち切れてはいないものの、まずまずの数値を残しています。

極端な穴馬の激走はないものの中穴あたりの人気薄が馬券によく絡んでいるというところですね。

ノーザンファーム生産馬が断トツの成績を残してるということからスピードと瞬発力が重要な要素であることがわかります。

やはりマイルGⅠは種牡馬の価値を高めるうえで重要な舞台。そういった背景からもノーザン系の馬が好走していることがわかりますね。

実際過去のレースラップを見てみると非常に速い時計がでておりラスト3Fも32~33秒台。

ただ、一気のペースアップがあるような瞬発力戦ではなく高速ラップのスピード持続力勝負となっています。

11秒台のラップを刻み続ける非常に速い前向きさが問われるレースとなっており、距離短縮組はやはり追走に苦労することから不振の傾向。

短距離志向が問われるレースとなっており過去5年の好走馬を見ても1200~1400mで勝利の実績のある馬が非常に多い。

あのアーモンドアイが2年連続で勝ち切れなかったということからも中距離実績・中距離志向の強い馬は苦戦するということがわかりますね。

重視したいのは短距離に求められるようなスピードとその持続。そしてラスト3Fも速いということは最後まで末脚を伸ばせるかということになります。

血統

スピードレースということで米国型ノーザンダンサー系や海外短距離GⅠを勝っているような馬、そして現役時に短距離GⅠで好走したような馬の血を持っているかどうかは非常に重要だと思います。

特にサンデーの瞬発力はここでは不要であることからその瞬発力が足りなくて凡走していたような馬がここでパフォーマンスを上げる→人気薄での好走となっているように見受けられます。

前向きなスピードレースになることを想定して血統背景を探りたいですね。

安田記念2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

本質的には道中緩まないスピードの持続力勝負が合うので、昨年のマイルチャンピオンシップのような瞬発力戦では能力発揮とは至らない。

マイル重賞勝ちの実績もあるのですがこのレースは高速ラップのスピード勝負。ここでカラテやソングラインに先着しているのは大きいですね。

ここ2走は持ち前の持続力を存分に発揮しての好走だと思いますし、安田記念の傾向から考えてもスピード持続力勝負となるのであれば再度の好走が可能だと思います。

父・母父ともに米国型であり母父は米国ダート短距離GⅠ勝ち馬。ここで走る下地は十分にそろっていると思います。

斤量の経験もあり前走GⅠで好走しマイル実績もありながらに人気は控えめになりそう。狙いたい1頭ですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

1200m・1400m重賞勝ちの実績があり、高速時計への適性が高い本馬はここで狙いたい1頭だと思います。

前走は入れ込み+出遅れで終了してしまいましたがまともに走れば通用してもよい能力はあると思います。

父はロードカナロアなので適性に疑いようなく母もダート短距離で活躍した馬なのでやはり前向きさのあるタイプ。

距離延長はまだ実績がないわけですが、舞台適正は高いと思いますし何より全くの人気薄で買えそう。

58キロでも勝利実績もあります。この人気薄なら必ず押さえておきたい1頭ですね。

以上で安田記念2022予想考察を終わります。









日本ダービー2022予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅠ日本ダービー2022。

今年はイクイノックス・ダノンベルーガ・ドウデュース・ジオグリフといったあたりが人気の中心とはなりそうですが混戦のダービー。

今年の3歳頂点を決めるホースマンにとって最も大きく重要な日本ダービー。

今からわくわくしますし週末が楽しみですね。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速考察を進めていきましょう。

高速時計のスピード持続力勝負。今年は大荒れまである?

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

日本ダービー2022

1番人気馬の勝利は3冠馬コントレイルのみ。固い決着は5年前だけで毎年のように穴馬が馬券にしっかりと絡んできており大荒れまであるのが日本ダービーと言えます。

ノーザンファーム生産馬が断然の成績を残しているのは一目瞭然。ノーザン以外の馬は4頭いますが皐月賞馬エポカドーロ以外は全てがディープ産駒。

さらに言うならばその4頭全てが母父米国型血統。即ち母父からスピードの補填を受けている馬ばかりということになります。

近年高速化が進むダービー。スピードの重要性はどんどんあがっています。

ただ、3Fの瞬発力戦とはならずに5Fスピードの持続力勝負となることが多くなってきています。

しかし当然ながらに上がりの足も重要であり、速い時計勝負に対応しつつラストの上がりも使えるという総合力が求められてきています。

注目すべきは1800m以上の重賞もしくはダービートライアルレースにおいて後半5Fの1000mを59.5秒以上の速い時計で勝利もしくは連対した実績があるかどうか。

さらに言うならばダービーにおいて先行力は非常に重要な武器。よって上記条件に4角4番手以内という先行力を追加することでさらに絞ることが出来ます。

近年のダービー好走馬にはこの条件に当てはまる馬が非常に多く、2年前のヴェルトライゼンデ・3年前のロジャーバローズ・4年前のコズミックフォースといった2桁人気馬もこの条件に当てはまっていました。

今年も当然ながらにこの条件に当てはまっている馬には注目しておく必要がありますね。

上記条件にはダノンベルーガ・ドウデュースは非該当。この時点で荒れる匂いがしてきました。

血統

王道血統を重視したい。過去5年の好走馬を見てみると現役時にダービーで勝利もしくは連対している馬を父にもつ馬の好走が圧倒的に目立ちます。

ただ、今年はディープ産駒自体が少ない上に新種牡馬の活躍も目立つ年。傾向としては変わってくる可能性はありますがそれでもサンデー系と現役時にダービーで活躍した馬には注目しておきたいですね。

日本ダービー2022注目馬・穴馬

現状で注目したい穴馬はこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

2走前に後半5F59.5秒のレースで勝利。前走皐月賞は6番人気5着と負けてはいるものの着差はわずかに0.4秒です。

本馬は過去のデータと照らし合わせてしまうと非常に買い難いデータが揃ってはいますが、それでも後半のスピード持続力勝負で勝ち切っている点と先行できる脚質は面白いと思っています。

本馬の立ち回りの良さを活かすにはどうしても内枠が欲しいところ。

内目の枠を引いてロスなく立ち回ることが出来れば可能性は十分にあると見ています。

血統的にもディープ産駒、米国型血統を母父にもちます。

ロジャーバローズの再現がないか期待したい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走ダービートライアルで後半5F59.1秒のラップでしたが、前々から押し切り。

本馬以外は後方からの馬が上位に入っていることを見ても強い内容だったと思います。

やはり何かあるなら上手く立ち回って前々で粘りこむような馬だと見ていますし、好位から持続する末脚をしっかりと使えればチャンスはあるはずです。

ディープ産駒ではありませんが父父ディープ。血統的には一瞬の瞬発力戦は厳しいのでこの舞台は逆にいいはず。

面白い穴馬として内目の枠を引けば期待したいですね。

以上で日本ダービー2022予想考察を終わります。












オークス2022予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅠオークス2022。

今年はサークルオブライフ・スターズオンアースあたりが人気の中心とはなりそうですがかなりの混戦となりそうです。

牝馬2冠目となるオークス。どの馬が樫の栄冠を手に入れることになるのでしょうか。

PR

株歴40年超の熟練投資家、藤ノ井俊樹氏が高騰期待銘柄を3つの視点から絞込み!

『旬の厳選10銘柄』(銘柄リスト+解説動画)

株式投資のキモとなる銘柄選定をプロに任せてみませんか?

★3つの購入特典動画付き!

・『会社四季報』最新号の見どころ

・『会社四季報』を効率よく使いこなす方法

・『ズバリ株の買い時、利食い時!』



では早速考察を進めていきましょう。

直線のスピードと瞬発力。今年は荒れるオークスか。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

オークス2022

1番人気は昨年こそ着外でしたが過去5年で4勝としっかり結果を残しています。

一方でここ3年は2桁人気馬が馬券内に飛び込んできており、難しいレースとなっている印象を受けますね。

最重要ステップはやはり桜花賞、続いてフローラステークスと忘れな草賞となっています。

基本的なデータとして前走5着以下(0・0・1・34)、前走5番人気以下(0・1・0・39)、前走馬体重439キロ以下(0・0・1・23)、前走上がり6位以下(0・0・2・32)と厳しいデータが並びます。

前走5着以下で唯一馬券内の馬は桜花賞2番人気に支持されていた馬、前走5番人気以下で2着になった馬はフローラステークス勝ち馬、前走439キロ以下の馬は桜花賞3番人気3着馬。

それぞれが桜花賞で上位に人気していたかもしくは重要ステップレースを勝利した馬となります。

例えば今年で言えば桜花賞7番人気1着のスターズオンアースは前走5番人気以下に該当してしまいますが桜花賞勝ちということを考慮出来るでしょう。

今年上位人気に支持される馬で上記のデータを全てクリアしてくるような馬はほとんどいない状態となっています。即ち前述したスターズオンアースのように、どこかにデータとしてはマイナス要素がある馬ばかりであることから大荒れまであるのではないかと思えますね。

オークスにおいて重要なことは直線でのスピードと瞬発力。

同じ距離で行われるダービーよりも上がりの足が重要であり、上がり上位馬の成績が良いのは断然オークス。

特に上がり1位の馬は過去5年で見ても(3・0・1・2)と上々の成績。

速い上がりを使える馬を見つけることが的中への近道となりそうです。

近2走以内に32~33秒台の末脚を使って好走しているか、キャリアの中で大半を上がり最速を使っているかといったあたりに注目してみたいと思っています。

昨年勝利したユーバーレーベンはここに該当していました。

今年も同様に注目したい傾向と思っています。

血統

欧州型、もしくは欧州志向の強いサンデー系に注目したいですね。

また、サンデーの中でも非根幹距離に強いような桜花賞路線からはズレたような血統の馬がここでは合うと思います。

昨年でいうと1着馬は欧州志向の強いステイゴールド一族ですし3着は非根幹距離の方が合うようなキズナ産駒でした。

2着馬もディープ産駒ですが母父キンカメとこちらも欧州志向の強いキングマンボ系ですね。

今年も欧州に注目するということで間違いないでしょう。

オークス2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走は完全な内前決着。4角4番手以内の馬で3着以内を独占し4着馬も6番手の馬という競馬となった中で後方11番手から上がり最速の33.6秒を繰り出しての5着でした。

はっきりと流れの向かない真逆の競馬をした中である程度の恰好は見せてくれたと思います。

過去3戦して全てが上がり最速ですし前走東京で33秒台の末脚を使えたことは収穫ありと見ます。

母父フランケル・母母父ロミタスと欧州の非常に重厚な血を持つ馬を母に持ち好走血統の傾向とも合致しています。

末脚の性能が活きるオークスにおいては常に上がり上位の足を使えることは大きな魅力。穴候補として期待する1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

桜花賞は内前が優位であり外を回した馬には非常に厳しい流れとなりました。

3着以内の馬はやはり内もしくは前目で競馬をした馬でしたね。

ここで注目したいのはやはり外を回して上がりの足を使っていたが届かなかった馬となります。

本馬はほぼ最後方の位置から追い込んできましたがさすがに届かない位置でした。

今回はハイパフォーマンスを見せた東京に変わりますし、過去に好走実績あるハービンジャー産駒。

外差しもしっかりと効く馬場になっていますし大きく巻き返すチャンスは十分にあるでしょう。

過去3戦全てであがり33秒台を使えていますし、スターズオンアースを負かした舞台で変わり身に期待したいですね。

以上でオークス2022予想考察を終わります。







↑このページのトップヘ