競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

重賞展望予想

菊花賞2016予想考察です。

京都競馬場芝3000mで行われる牡馬クラシック最終戦菊花賞2016考察です。

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ・エアスピネル・ミッキーロケット・カフジプリンスらが出走予定です。セントライト記念2着馬のゼーヴィントは回避となりました。

おそらくサトノダイヤモンドとディーマジェスティの2強オッズになるのは間違いないでしょう。では、この2強に割って入る馬はいないのかどうか。考察を進めていきたいと思います。

内枠で立ち回れる馬が有利。ただ、内だけでは的中しない


まずは過去5年の好走馬を見てみます。kikkasyo5nen2016

過去の好走馬を見てみると、必ず内枠でスムーズな競馬が出来た馬が馬券絡みます。過去10年で見てもそこは顕著に出ています。特に勝ち馬は内から出ることが圧倒的に多いんですよね。ただこれは比較的皆が知っている情報でもあるのでちょっと過剰に人気したりもします。

過去10年で馬番データを確認してみました。1~6番を内・7~12番を中・13~18番を外として見てみると・・・

内(6.3.4.47)中(1.3.4.52)外(3.4.2.51)となっています。内が有利な事には変わりないんですが、外が絶対的にダメな訳ではないんですよね。内有利ばかりを意識し過ぎると全体が見えなくなってしまうので、ここは気にかけておきたいですね。穴を拾うならまずは内から・外の人気馬を過剰に嫌わない、というところでしょうか。

今年のメンバーから展開を考える


展開を考えることも重要になります。過去とんでもない馬が京都の長距離レースで度々穴をあけてきました。そしてこのとんでもない穴馬が来るときは大抵、人気馬が揃って差し・超絶人気馬が後方のどちらかで穴は先行して残し切る馬です。

今年はサトノダイヤモンド・ディーマジェスティを始め、上位人気を予想される馬がそろって差し馬ばかり。京都長距離の勝ち方を熟知している蛯名騎手が早めに動く可能性は高そうですが、前々から波乱を演出する馬がでるかもしれません。

菊花賞2016好走注目馬は?


では、今年の菊花賞2016好走注目馬ですが・・・展開で気になる馬と神戸新聞杯回顧から内枠を引けば菊花賞は本命としていた馬をあげておきたいと思います。

まずは、展開からこの馬

人気ブログランキング

今の京都は高速馬場ですが、2歳時に同じような京都の高速馬場でレコード勝ち。京都の長丁場の重賞でも2着好走歴もあります。大寒桜賞ではレッドエルディストと0.1差・カフジプリンスには先着。母母父にダンスインザダークも持っており好走条件は揃っているようにも思います。

現在の菊花賞2016予想オッズでは13番人気の単勝124.7倍。鞍上を見ても先行して強気な競馬に出るのは間違いないので大穴を空けるならこの馬ではないかと思っています。

次に内枠を引けばと思っているのがこの馬。

にほんブログ村 競馬予想サイト

ギアチェンジが下手くそな馬なので1度ブレーキを踏んでしまうと取り返しのつかないほどの減速をしてしまい、もう1度加速しようにも時間がかかり過ぎる馬。

神戸新聞杯はまさにそんなレースで4コーナーで詰まったあとに再び加速しようとしましたが、なかなかスピードが出ず。やっと加速した時には時すでに遅しで差し遅れ。明らかに脚を残した形でした。

2走前も同じような展開。理想は3走前のスムーズにブレーキせずに走り切る形です。特に3走前の勝ち方が圧巻でした。

スタミナは無尽蔵にありそうなタイプですので淀の坂を使ってロングスパートを仕掛けることが出来れば圧勝まであるかもしれません。

不調が続く鞍上ですが、最近の競馬を見ていると復調の兆しが見えてきているように思います。このレース如何で完全復調出来るかどうかの分かれ目となるのではないでしょうか。

以上で菊花賞2016予想考察を終わります。まずは枠順が出てみないことには予想も始まらないので週末の枠順確定を楽しみにしておきます。

府中牝馬ステークス2016予想考察です。

東京競馬場芝1800mで行われるG2府中牝馬ステークス2016。来月に行われるエリザベス女王杯へのステップレースとなります。1着馬にはそのエリザベス女王杯への優先出走権が与えられますね。

今年の府中牝馬ステークスは小頭数で登録馬12頭。スマートレイアー・マジックタイム・クイーンズリングらが出走を予定しています。スマートレイアーは過去3年連続出走で過去2年はどちらも2着。3年連続の好走なるかどうか。

スピードの持続力を求められるレース


まずは、過去5年の3着内好走馬を見てみましょう。

hutyuuhinnba5nen

展開次第で前からも後ろからも届いています。

過去2年連続好走している馬はいますが、3年連続はいません。ホエールキャプチャですら2年目に3着と苦戦。

4~5歳馬の活躍が目立ちます。6歳以降はほとんど絡んでいません。過去5年ではホエールキャプチャの3着のみ。G1クラスでないと高齢牝馬で活躍することは難しいということでしょう。スマートレイアーにとっては厳しいデータと言えます。

血統を見るとサンデー系にノーザンダンサー系をプラスした血統が圧倒的。ノーザンダンサー系の血を持つ馬は12/15頭。これは長い直線で一瞬の切れではなく持続する足が求められているといくことでしょう。特にヴァイスリージェントの血を持っている馬が5年連続好走中ですので要注目です。

府中牝馬ステークス2016好走注目馬は?


では、今年の府中牝馬ステークス2016の好走注目馬です。人気サイドと穴サイドで一頭ずつあげていこうと思います。

まず、人気サイドではクイーンズリング。

東京ではまだ結果が出ていませんが、この東京でのレースはオークスとヴィクトリアマイル。共にG1です。今回のメンバーでは能力上位は間違いないでしょう。飛びが大きい馬なので東京変わりもプラスに働くのではないでしょうか。先週のルージュバックみたく外枠のほうが好走率は大きく上がるはずなので内で揉まれるよりは外をスムーズに回ることが出来る枠がほしいところ。外を引けばさらに有力な1頭となります。

穴サイドではこの馬に注目→人気ブログランキング。

血統の字面通り早い上がりが使える馬ではありません。ただ、追うとじわじわと伸び続けるタイプ。父メイショウサムソンは東京との相性もよく、芝1800mでは複勝率30.3%で回収率も100%を軽く超えています。ヴァイスリージェントの血を引く面でも傾向に合致。

今年のメンバーでしたら好位は取れそうですし、早めからしっかり追えばじわじわ伸び続けて着内好走もありそうです。某サイトでの予想では10番人気の単勝78.9倍予想。ここまで舐められる人気ならば積極的に買いたい1頭になります。

以上で、府中牝馬ステークス2016予想考察を終わります。今日は大井競馬場で東京記念があるのですが、久しぶりに交流重賞以外の地方重賞を買う予定です。年に1度の2400m戦なので楽しみですね。

東京記念の予想はこちらからどうぞ。→東京記念2016予想。

 

こんにちわ。秋華賞2016予想考察です。

今年の秋華賞2016にはジュエラー・ビッシュ・ヴィヴロス・ミエノサクシードらが出走を予定しています。シンハライト・メジャーエンブレム・チェッキーノらが不在で大混戦が予想されます。実績では桜花賞馬のジュエラーが1枚上ですが舞台は京都2000m。波乱も十分に考えられますね。では、考察です。

イメージより紛れが起こらない秋華賞


まずは過去5年の3着内好走馬を見ていきましょう。

syuukasyou5nen

世間一般では、京都芝2000mですし秋華賞が一番紛れがあって荒れそうなイメージではないでしょうか。ただ、表を見てもお分かりになる通り、過去5年の連対馬10頭の内9頭が5番人気以内。人気になる実績・能力上位の馬がしっかりと馬券に絡んでいるということです。

昨日までの京都のレースを見ているとお分かりかと思いますが、先行内目にいないと勝負にならない馬場でした。トーセンビクトリーの逃げ残りが印象的です。

ただ、京都芝2000mがこういう事が起こることはジョッキーも分かっているのでしょう。近年の秋華賞では前走まで後方から差していた馬が積極的にポジションを取りに行っています。ミッキークイーンらに騎乗していた浜中Jの騎乗が分かりやすい例になるかと思います。ただ、ルメールは理詰めで騎乗してきますがデムーロは感覚で乗ってくる感もあるのでここは例外ですかね。

過去のポジション取りを見てみると、前に前にの意識が強く出過ぎてしまうのか先行馬よりは前の意識をもって好位中団あたりで進められる馬に有利になりそうです。もしかすると有力な後方からの馬が積極的にポジションを取りに来ることで先行していた馬を鞍上が早めに動かしてしまっているのかもしれません。

秋華賞で好走している血統は?


ここも注目してみます。パッとみてディープインパクトが圧巻しています。過去5年で3勝2着2回。文句なしですね。その他を見てもサンデー系の馬が上位を占めています。サンデー系とスピードのあるタイプのノーザンダンサー系の組み合わせが良さそうに見えます。キングマンボ系も絡んでいますが、ここも母父にサンデーサイレンス。

総合するとキレに持続するスタミナやパワーが合わさるイメージとなります。キレだけでは届かない・ただキレるだけの馬だとポジション取りに行くとバテる。持続力を加えることでポジションを取りに行ったキレが身上の馬が能力を発揮するということなんでしょうか。このあたりを見ても前記述の内容とリンクしていそうですね。

秋華賞2016好走注目馬は?


では、今年の秋華賞2016の好走注目馬です。人気どころ・上り馬・穴馬で3頭上げてみます。

人気どころですとジュエラー

前走はローズステークスでポジションとりに行き過ぎてかかっていました。直線向いても消耗が激しかったのか最後は流していました。骨折休養明けという面も考慮していたかもしれません。ただ、このローズステークスはかなり負荷がかかったレースだったのかシンハライトも故障で離脱。走らなかったことが逆に良かったかもしれません。先行してポジションを取れたこともプラスに働きそうです。

上り馬はやはりこの馬でしょう。ミエノサクシード

圧巻の内容で連勝中。一気にここまで駆け上ってきました。阪神でのレースは現地で見ていましたがこの馬だけ明らかに1000万クラスでは次元の違う脚を見せていました。促してスッと動けるところもいいでしょう。一気に頂上まで駆け上ってもおかしくありません。ただ、キレすぎる印象なので持続力がどうか。

穴目できになるのはこの馬→人気ブログランキング

ここ数戦は全く競馬になっていません。自分の形に持ち込めるかが全てになりそうです。前述の内容とは全く違う観点からになってしまいますが、現状の有力馬は軒並み差し馬。流れに乗り切れずに敗退も十分ありえます。そうなるとこの馬の粘りが久々に発揮されるかもしれません。内枠が条件ですが、他の有力馬の枠も見て条件そろえば本命まで考えてみたい1頭です。

今週からいよいよ毎週G1がされ、秋競馬本番です。しっかり楽しみながら馬券も的中していきたいですね。

 

こんにちわ。毎日王冠とサウジアラビアRCの枠順が確定しました。どちらも小頭数なのでそこまで枠に左右されることもないかなとは思いますが、ちょっとしんどそうな枠を引いた馬と絶好枠を引いた馬がいます。簡単にまとめておいて、明日以降の予想のポイントに付け足していきたいと思います。

サウジアラビアRC2016枠順


ここは正直なところそこまで枠順に左右されないだろうとは見ています。9頭しかいませんしね。東京の馬場は内外フラットでやや高速の馬場じゃないかとは思いますが、雨の程度で変わってくるので午前中からお昼までの芝のレースをしっかりと確認しておきたいところ。おそらくサクセスムーンが逃げてそこを外の数頭が追いかける形で、やや遅めのミドルくらいで流れそう。そうなると内目でじっとしながら好位を取れそうなクライムメジャーは好枠と言えそう。ゲートさえまともならこの枠なら好勝負。

毎日王冠2016枠順


ここも小頭数ですが、ぱっと見て絶好枠を引いた馬がいます。おそらく1番人気だろうと思いますがルージュバックですね。この馬はマンハッタンカフェ産駒らしく内~中枠で揉まれると全くダメな馬なのでこの枠は絶好でしょう。1頭外のウインフルブルームはすっと前につけるでしょうし大外枠のロサギガンティアは最高峰に近い位置取りになるはず。好位の外目を取れる条件は整いました。人気でも逆らう必要はなさそうです。

週中で注目した穴馬もまずまずの枠を引いたように思いますので注目ですね。穴目でもう1頭あげるならこの馬でしょうか。→人気ブログランキング

おそらく内の3番手あたりを追走になるはず。マイネル2頭おそらく競らないと思いますので内で我慢して最後に一押しが効けばマイラーズカップのような形に持ち込めるかもしれません。

以上、毎日王冠2016とサウジアラビアRC2016の枠順をみての考察でした。明日は雨予報ですし芝の具合をしっかり確認しておきたいですね。

 

~メルマガのご案内~

無料メルマガ「競馬力向上委員会」を立ち上げました。毎週末の重賞や平場の予想から回顧はもちろんのこと、週中は競馬力をひたすらに向上すべく血統や馬場・騎手考察から馬券の構築までお送りしていきたいと思います。ブログで公開している内容に手を加えたりブログ限定としたりして、メルマガでしかお伝え出来ない情報を発信していきます。

メルマガ配信は自分の頭の中の整理にも繋がって自分の競馬力の向上にも繋がるんですよね。一緒に競馬力向上委員会で競馬を楽しみつつ競馬力・馬券力の向上をしてみませんか?

登録してみたいと思っていただけた方はこちらをクリックして入力をお願いします。名前の欄がありますがアドレスだけでも問題ありません。(お名前あるほうが個人的には嬉しいですが(笑))

基本的には毎日、競馬に繋がる何かしらの情報を発信していくつもりですがプライベートもありますので変則になる際はメルマガ内でお知らせさせていただきます。

では、よろしくお願いします。読者の方とメルマガという形で繋がれることを楽しみにしております。

レジまぐさんでも予想を開始してみました。見かけたらよろしくお願いします。

 

こんにちわ。今週末からいよいよ秋のG1が始まりますね。まずは、電撃のスプリント戦、スプリンターズステークスです。ビッグアーサーが短距離王となるのか、サマースプリントを戦ってきた馬が波乱を巻き起こすのか注目の1戦です。まずは、過去の傾向を探してみましょう。

中山芝1200mの血統傾向に変化あり?


まずは、過去5年のスプリンターズステークスの好走馬一覧です。14年は新潟開催にて省いています。2010年は降着を含めます。

スプリンターズステークス

去年はサンデー系が上位独占。5着まで全てサンデー系でした。それ以前は非サンデー系が圧倒的。去年はかなりのスローからの瞬発力勝負でしたのでサンデーが有利だったと解釈されていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?馬場改修後の先週までの中山芝1200と馬場改修前3年の中山芝1200の好走血統を比較してみました。

比較条件として10走以上している馬・500万以上のデータに絞っています。勝率を優先しての上位種牡馬10傑です。

まずは、馬場改修前のデータです。

中山芝1200改修前

想像通りですが、非サンデー系が圧倒しています。サンデー系ではあまりキレる足がない種牡馬が入っています。

続いて、改修後のデータです。

中山芝1200改修後

バゴが異常に走っていますが。。。そこは置いといてください(笑)注目はサンデー系の躍進です。改修前とは一変していると思います。上位10傑のうち非サンデー系はわずかに3頭。ディープが圏外から一気に躍進しているところ、フジキセキの血統の躍進は要注目です。これは明らかに馬場改修後、サンデー系が大幅にパフォーマンスを上げていることを示していると思います。

ビッグアーサーの評価は?鉄板?


上記の血統傾向に加えて、サクラバクシンオー産駒のスプリンターズステークス大不振(0-0-1-23)*降着2着は除外*を踏まえると鉄板とは言えないでしょう。能力は間違いなく1級品ですが単勝1倍台で軸にしようと思えるかと言われると、このデータを見てしまった以上、私は軸には出来ません。では、どの馬を軸に考えているかというと。。。この馬→人気ブログランキング

夏に2戦しての3走目。前走も力負けではないでしょう。血統も前年覇者のストレイトガールの父フジキセキの系統ですし、今の中山芝1200には合っているはずです。好走を期待します。

 

 

↑このページのトップヘ