競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

重賞展望予想

スプリングステークス2022予想考察です。

中山芝1800mで行われるGⅡスプリングステークス2022。

今年はアサヒ・アライバルあたりが人気の中心となるでしょうか。

皐月賞へ向けての重要なトライアルとなるスプリングステークス。ここからクラシックの主役となるような馬は出て来るのでしょうか。

PR

■■■競馬予想SNS【ウマスマ】■■■

自分の予想を通じて他の競馬ファンと交流できる!

無料の競馬のコミュニティなら【ウマスマ】

まずは会員登録お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

では早速考察を進めて行きましょう。

非根幹距離実績とスピードの持続力。高速の上りは不要。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

スプリングステークス2022

1番人気は勝ち切れないことが多いですが非常に安定した戦績。連複軸として信頼のできる数値を残しています。

極端な穴馬の好走も少なく小波乱程度におさまることが多い印象となっています。

スプリングステークスは中山非根幹距離となる1800m戦。

中山1800mは道中緩みにくくスピードの持続力が要求されるレースとなりがちで、それはスプリングステークスでも同様。

一瞬の瞬発力ではなく持続するスピードが要求されます。

これはマイル寄りの適正が問われるということにな基本的に距離延長組やマイル実績のある馬を狙っていきたいレースですね。

また、非根幹距離で行われるレース。当然ながらに非根幹距離実績には注目しておきたいです。

2200mからの距離短縮組の好走も目立っているのですが、距離短縮組は基本的に先行し尚且つ上がり上位の末脚を前走で使う事が出来ていた馬しか馬券に絡めていません。

前々で上手く立ち回り尚且つスピードを活かしたレースが出来ていた馬には注意という事になります。

ただ、そこでも速い上がりを出せていない馬が良いですね。

35秒前後の上がりを使って好走していたような距離短縮組は注目したいです。

上がりの脚という点では距離延長・同距離組でも同様であり、33秒台のような派手な末脚を使ってきた馬よりは上り最速が出せないような馬や上り最速でも35秒前後のタフな末脚を使ってきた馬を上位に評価したいレースとなります。

血統

ここ数年で幅を効かせているのは欧州志向の強い血統。

トニービン・サドラーズウェルズを始めとしてキングマンボ・ステイゴールド一族といった欧州志向の強い血統も合いますね。

ニジンスキーも2ターン持続力向き。とにかく我慢の効く血統背景に注目したいレースとなります。

スプリングステークス2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

はっきりと上がりの脚に限界のあるタイプ。5走していますが上り最速は無し。2走前に勝利した時も上がり36.1秒の脚で勝ち切りました。

前走は2200m戦となりましたが前々から35.3秒の持続する末脚を使って2着に好走しています。

血統を見ても父ステイゴールド一族・母父トニービン系・母母父バゴ・母母母父リアルシャダイと持続力とタフさに富んだ血統背景となっています。

如何にも中山非根幹距離らしいキャラと血統背景。穴馬として期待したい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

こちらも瞬発力戦では分が悪い。これまで5戦して重賞を含めて連対を外していませんが、その全てで上り最速の脚を使う事が出来ていません。

最も早い上がりで34.3ですがこれは新潟マイル戦でのもの。新潟は総じて速い上がりが出やすいので34.3は遅いと言えます。

2走前の1勝クラスは35.1の上がりで勝ち上がり、前走マイル重賞では34.7の上がりで連対。

33秒台のような瞬発力は問われない流れで結果を残していることはスプリングステークスを相性が良いと思います。

父モーリスはサドラーズウェルズを内包しており、母父キングマンボ系ということで欧州志向の強い血統背景となっています。

鞍上人気する可能性は高いのですがそれでも重い印をうちたい1頭と言えますね。







阪神大賞典2022予想考察です。

阪神3000mで行われるGⅡ阪神大賞典2022。

今年は有馬記念2着のディープボンドが断然の人気に支持されることで間違いないでしょう。

天皇賞春へ向けての重要なステップとなる阪神大賞典。

今年はここから長距離路線で活躍する新星登場が見れるでしょうか。

PR

投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~

毎回高確率で収益を勝ち取る画期的な手法です。

本来どのような形態の投資も、不確実性(リスク)をともないます。
一般に、投資による期待収益率が高い場合その不確実性(リスク)も高まります。

しかし、この投資法は、そのリスクを極限まで抑えた仕組みです。

手法さえ間違えなければ、
安定的に資金が増えるプログラムと言っても過言ではありません。

※不正プログラムを使うなどの違法行為は一切ありません。

競馬初心者の方でも問題ありません。

最初は資金が少なくても十分な利益を得ることできると思います。

購入を考えられる方はこちらからどうぞ!

レジまぐ商品の購入はこちら! レジまぐ商品の購入はこちら!

では早速考察を進めていきましょう。

上がりのかかる持続力勝負。欧州の血が活きるレース。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

阪神大賞典2022

ここ2年は1番人気が馬券に絡めていません。かつては上位人気馬が非常に強く荒れない重賞となっていましたが、傾向が変わってきました。

大阪杯のGⅠ昇格・ドバイを含めた海外遠征・GⅠ直行組の増加といったところから中長距離路線の1流どころが分散。結果的に全体的なメンバーレベル・質が落ちてきたことが荒れる要素になってきていると感じています。

ここ数年の好走馬を見てもその後に活躍しているのはディープボンドくらいでしょうか。今年も正直ちょっと寂しいメンバー構成だなと思っています。

前述したように強い人気馬が走ったレース、すなわち格が以前までは重要でした。

前走GⅠ組の休みあけが圧倒的に好走するレースでしたし実際に過去5年で見ても前走ジャパンカップ・有馬記念組は圧倒的に好走率が高かったです。

過去4・5年前の好走馬を見ればそれは明白ですね。

それが3年前からははっきりと傾向が変わります。大阪杯がGⅠ昇格して2年後あたりですね。大阪杯を目標にする有力な中距離路線組はやはりそちらに行きますし、そこから天皇賞春を目指してくる馬もいます。

明らかな分散傾向からメンバーレベルの低下につながった結果、波乱もあるレースへと変貌したということですね。

では今年もそういった意味ではしっかりと考察して波乱を演出できそうな馬を探していきたいと思います。

実績で言うならディープボンドは断然。本馬は上がりのかかるレースに滅法強く瞬発力戦ではかなり厳しい馬です。

阪神大賞典は後傾ラップになることが多いですが後半のラップは一貫した持続性のあるラップになりやすい。

すなわち長距離持続力勝負となることを意味し、当然ながらに上がりのかかるレースになります。

昨年は雨で重馬場になったことで余計に拍車がかかりましたが、今年も金曜~土曜に雨が降りそうですので昨年ほどではないにせよ持続力勝負・上がりのかかるレースになるでしょう。

過去の傾向からズレてきたということを頭に置くのであれば過去好走データよりは、上がりのかかる持続力戦に向くであろう穴馬を探してみたいと思っています。

血統

こちらに関しては大きな変わりはないと思っています。注目したいのは欧州型・欧州志向の強い血統です。

トニービン・サドラーズウェルズ・ダンシングブレーヴといった欧州型に加えて、キングマンボ・ステイゴールドといった欧州志向の強い血統には注目ですね。

底力・持続力が必要な阪神大賞典らしい血統傾向と言えそうです。

阪神大賞典2022注目馬・穴馬

ディープボンドは断然人気ですし週末の雨も味方につけるでしょうし、上がりのかかる持続力勝負は最も得意とするところ。

ここは外さないとして他の馬から2頭チョイスしてみたいと思います。

ではまずはこの馬。

人気ブログランキングA

本馬の好走スポットは速い上がりが求められない持続力勝負となるレース。

これまで17戦を消化していますが、上がり最速を出したのはわずかに2回のみ。

さらにその最速上がりのタイムは、33.6と35.5となっています。

上がり33.6秒だったレースは3着となっていますが上がり35.5秒だったレースでは見事に勝利。

即ち上がりがかからないと厳しいというこうとがわかります。

ここ2戦は3000m超の長距離戦に出走しそのレース上がりは35秒以上かかるレース。

その中で3着にまとめて着差も0.3差以内ということで適性の高さが伺えます。

こういった現代競馬から少しズレた適性を持つ馬は出世が遅れることが多いわけですが本馬もオープン入りは昨年の5歳時ですね。

前走では今回人気濃厚のマカオンドールと0.2秒差でしたが、斤量は本馬の方が3キロ重かったレース。

今回は斤量差がなくなりますので当然ながらに逆転の芽が十分にあると思います。

血統を見ても父ステイゴールド一族のオルフェーブル、母父トニービンということで欧州型の血統が強い本レースとは合う。

今後の重賞戦線において賞金加算は必須となる本馬にとってここは勝負のレースとなるでしょう。

もう1頭の注目はこの馬。

競馬ブログランキング

全4勝は全て上がりのかかる2200m以上の非根幹距離でのモノ。つまりは中距離以下の根幹距離の瞬発力戦とは全く別の適性を備えている馬と言えます。

前走は2500m戦でしたが超スローの上がり勝負となった上に位置取りも物理的に届かない位置。ノーカウントの一戦として良いですね。

今回は乗り代わりとなりますが、ちぐはぐな競馬も続いていた本馬にとっては悪くないどころかプラスに出る可能性が高いと思っています。

右周りかつ長距離、そして上がりのかかるレースを得意とする本馬にとっては全ての条件が好転するので大きくパフォーマンスをあげてくるかもしれません。

血統を見ても父はキレないサンデー系で持続力向きですし、母父キングマンボ系・母母父トニービンということで長距離の持続力勝負に合う血統背景ですね。

事前オッズでは単勝万馬券の2桁人気。高配当の使者となってくれることに期待したい1頭ですね。

以上で阪神大賞典2022予想考察を終わります。



フィリーズレビュー2022予想考察です。

阪神芝1400mで行われるGⅡフィリーズレビュー2022。

今年はナムラクレアが断然の人気に支持されることになりそうです。

桜花賞への重要なトライアルとなるフィリーズレビュー。

今年はここから桜花賞・オークスで激走するような馬が出てくるのかどうか。

大きな注目の集まるレースとなりそうですね。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

前傾持続力勝負。欧州とダンチヒが活きる。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

フィリーズレビュー2022

1番人気馬は5年前に2着に入ったのみとなっており大苦戦。

毎年のように穴馬の激走があり非常に難解で荒れるレースとなっています。

1400mで行われるトライアル戦。当然ながらに1200mを主戦場としていた馬も出走してくるということと、阪神1400mの特徴が相まって例年前傾ラップの持続力勝負となります。

非常にタフなレースとなるということから距離延長組は苦戦しており、馬券に絡んだのは昨年3着のミニーアイルのみであり(0・0・1・19)という結果。

基本的には同距離もしくは距離短縮組からとなります。

前走1400m組は1・2着馬しか馬券に絡んでおらず2着だった馬は前走1番人気に支持されていた馬。

条件的に優位となるのはやはり距離短縮組。特に前走阪神JF組は勝利こそないものの非常に安定した戦績を残しています。

前走阪神JFを1.6秒差以内での敗戦であればさらに数値は上がります。

今年は該当馬がいますのでこの馬は買い目から外すわけにはいかないでしょう。

タフなレースであることから基本線は距離短縮組を軸として同距離組を組み合わせていくことが的中に近道となりそうです。

また、前傾ラップのタフな条件であることから前に行く馬には厳しいレースとなっており過去5年のフィリーズレビューで4角5番手以内で先行した馬の勝利はなく(0・2・3・22)と厳しいデータ。

2着馬2頭はどちらも2番人気であり上位人気でも先行勢には厳しいレースとなっていることがわかります。

後方から持続力活かした末脚で差し込んでくる距離短縮組が狙いどころと言えますね。

血統

欧州型・ダンチヒが好相性。

タフなレースと言えば欧州型ですし、持続力問われるとなるとダンチヒの血が活きてきます。

米国的な前向きさは逆に厳しくなっていると思いますしこの2系統に注目したいですね。

フィリーズレビュー2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

人気ブログランキングB

阪神1400m重賞で2着の実績。阪神JF0.5秒差掲示板であり後方から末脚を伸ばす脚質。

昨年3着で穴をあけたミニーアイルと同種牡馬ということで、ここは人気になることは間違いないものの逆らう必要もないと思います。

前傾ラップの阪神1400m重賞で実績があるということは非常に大きな加点材料。

阪神1400mは特殊条件ということでリピート性が強い。好走実績は非常に重要なポイントとなります。

前走は内からかなり窮屈な競馬をした上での好走。今回はもう少し外目からスムーズに回ることが出来れば自然と結果はついてくるでしょう。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ダートからの芝変わりと臨戦過程としては厳しいと思いますが、芝で好走実績のある本馬は面白い穴馬だと思います。

芝でのレースを見てみると札幌2歳ステークス3着のトーセンヴァンノやデイリー杯2歳ステークス3着のカワキタレブリーに先着していますし、阪神JF2着ラブリイユアアイズと着差0.4で走ることが出来ています。

着差だけの単純比較であればここでも通用する能力をしっかりと持っているということになりますね。

本馬は血統的に非常に魅力的で、サドラーズウェルズ4×4を持ち尚且つ母父はダンチヒ系となっており注目の血統背景となります。

ダート4戦では結果が出ませんでしたが重馬場のほうが走れていたことから考えるとやはりスピードが出る馬場が良い。

芝での勝ち鞍あり重馬場ダートでならまだダートでもということからここでの芝変わりは一変する可能性が十分にあります。

データ的には買えない馬ですので2桁人気になることは間違いないと思いますが、血統的な後押しからパフォーマンスを上げるほうに期待して買ってみたい穴馬ですね。

以上でフィリーズレビュー2022予想考察を終わります。

金鯱賞2022予想考察です。

中京芝2000mで行われるGⅡ金鯱賞2022。

今年はレイパパレ・ジャックドールあたりが人気の中心となりそうですね。

大阪杯そして春のGⅠへ向けて重要な位置づけとなっている金鯱賞。今年も好メンバーがしっかりと揃いそうです。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

先行馬圧倒的有利な舞台。前向きさを重視。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

金鯱賞2022

1番人気は(3・1・1・0)と非常に安定した戦績となっており期待に応える走りを見せています。

その内訳をみると前走GⅠ掲示板の馬は3勝2着1回で、GⅢ勝ち馬が3着となっています。

今年はジャックドールかレイパパレがおそらく1番人気となりますが、どちらもここには該当しない。

この時点で荒れる要素が十分にありそうなレースということになりそうです。

春の中京開幕週で行われる金鯱賞。さらには中京2000mという特殊なコースで行われるレース。

中京2000mは登り坂途中からのスタート。向こう正面途中まで登り坂なので緩んだレースになりやすく、また向こう正面の下り坂からペースが上がって持続力問われるレースになりやすい。

スローながらに持続力勝負になりやすいということで特殊なコース形態をしています。

こういったところではまずリピート性が強くなることが多いので中京2000mで実績のある馬にはまず注意しておく必要があります。

また、コース形態と開幕週という要素が絡んで先行勢が圧倒的に有利なレース。

逃げ馬は(1・2・1・1)と非常に優秀な数字を残していますし、4角5番手以内を取った馬の成績は(4・3・2・16)ということで馬券内の半分以上を占め勝ち馬のほとんどを出しています。

逆に4角7番手以下であれば(0・0・1・23)。後方からの競馬ではほぼ届かないというレースになっていることがわかります。

圧倒的に先行馬に有利であることは明白です。

距離別にみると距離延長組は(0・1・0・15)となっており厳しいデータ。

距離が伸びてスピードで押し切れるという舞台でもなくやはり持続力問われる後半の部分でタフさが求められているということでしょう。

血統

最近の中京2000m重賞のトレンドは欧州型血統。

距離延長組が苦戦していることからもタフよりの血統をみていきたいと思っています。

ただ、馬場が軽い場合やはっきり前ばかりが残るような形であれば米国型が押し切る可能性も。

前日の馬場状態は見ておきたいですね。

金鯱賞2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

本馬はパンサラッサとは全く違うタイプの先行馬。

後傾ラップのレースを自らが作りながらラストまでしっかりと末脚を伸ばせるタイプ。

このタイプは同型がいても控えて末脚を伸ばせるのが魅力ですが今回の登録メンバーをみる限りは前でしっかりと競馬を組み立てることが出来るでしょう。

前走でアドマイヤハダルを完封しましたので重賞でも通用する能力があることに間違いはないですね。

賞金加算は今後の重賞、GⅠで戦う上で必須。ここでしっかりと加算して春に繋げて欲しいです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前半ゆったり流れた上での持続力勝負が良い本馬にとって前走の距離延長は結果的にマイナスでした。

中京2200mは中京2000mと違って平坦部からのスタート。最初の位置取りで脚を使う必要があります。

最初の3Fが速くなってしまうということで距離延長でゆったり流れるかと思いきやの前半が合わない。

やはり中京2000mの坂途中からスタートで前半ゆったりが合っているのでしょう。

得意の中京2000mに戻して巻き返しは濃厚ですし、今回のメンバーなら無理なく前に行けます。

出来れば内枠からスムーズが理想的ではありますが、外からでも2番手以内は確保できるはず。

ただでさえ前有利な中京2000mですがデータ的にも金鯱賞は前有利がはっきりと出ています。

GⅠ好走組に隠れて人気薄濃厚ですが期待したい穴馬ですね。

以上で金鯱賞2022予想考察を終わります。






弥生賞ディープインパクト記念2022予想考察です。

中山芝2000mで行われるGⅡ弥生賞2022。

今年は無敗馬ドウデュースに大きな注目が集まることになりそうです。

皐月賞と同じ舞台で行われる重要なトライアル戦ということで今年も好メンバーがしっかりと揃いました。

ここから皐月賞、そしてダービーでも主役となる馬が出てくるはずです。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

訳あり品をお得にお買い物「junijuni sponsored by TOKYO GAS」


・賞味期限間近品、パッケージ変更品、過剰生産品、などちょっぴり訳あり品をお得にお買い物

・まとめ買い商品、送料無料商品も多数あります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

先行脚質断然有利。欧州血統が活きる。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

弥生賞2022

1番人気は(2・1・1・1)としっかり結果を残しています。

上位人気がある程度結果を残すことが多く小波乱程度のイメージですね。

中山2000mは根幹距離ではあるものの瞬発力戦にはなりにくく、ノーザン系の馬がそこまで結果を出してこない舞台。

近年は直行組や共同通信杯からのローテが増えていることもあり、非ノーザン系の馬の好走が増えてきています。

まず弥生賞の特徴としては、先行脚質が圧倒的に有利なレース。

先週の中山を見ていても前残りがはっきりと目立ち先行インが有利でしたがこの弥生賞でもそれは同じ。

前走位置取り別の成績で見ると、過去5年4角4番手以内で(4・4・5・17)となっており、馬券内のほとんどをここで占めています。

4角5番手以下の馬は(1・1・0・20)と非常に厳しいデータとなっており、馬券になった2頭は当日1番人気に支持された馬。

即ち1番人気に支持されるような能力がないと前に行けない馬は厳しいということがわかります。

さらに4角1番手、逃げていた馬は1度も馬券に絡んでいないことから逃げて標的にされることも厳しい。

道中でまくりあげてポジションを上げていくような競馬を前走でしていた馬も厳しく、前走初角7番手からの競馬だと(1・1・2・13)です。

前述したように1番人気の馬が1勝2着1回を取っているので、前走初角7番手以下だと(0・0・2・13)と連対もなくこれも厳しいデータ。

前走で前に行ける脚を見せていた馬は評価を上げておく必要があることに間違いないでしょう。

前走レース別でみるとホープフルステークス組が勝ち切れないものの好走が目立ちます。

前述した4角の位置取りで見ると4角4番手以内であれば(1・0・4・1)と馬券外になったのはわずかに1頭のみ。

その1頭は4角で先頭に立っていた馬なので、実質逃げずに先行した馬は複勝率100%データとなっています。

今の馬場状態と過去のデータからも先行脚質の馬は必ず狙う必要があるでしょう。

血統

サドラーズウェルズ系・トニービンといった欧州型のタフな血統に注目。

昨年は母父サドラーズウェルズ系でワンツー決着。

毎年のように馬券に絡んできているので注目の血統傾向ですね。

弥生賞ディープインパクト記念2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

前走ホープフルステークスで4角3番手からの競馬でしっかりと結果を残しています。

初角の位置取りで後手を踏んでいたのでこの辺りがどうかとは思いますが血統が良いですね。

父モーリスなのでサドラーズウェルズを内包していますし、母父父フェアリーキングはサドラーズウェルズと同配合の馬ですね。

すなわちクロスではないもののサドラーズウェルズの血がふんだんに入った血統背景であり非常に楽しみがあります。

立ち回りの良いタイプなので内枠が欲しいところ。内目の枠なら思い印候補となります。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ハーツクライ産駒においては距離延長は買い要素と言えるポイント。

中山2000m戦においても距離短縮は過去3年で(0・0・1・13)であるのに対して距離延長は(5・6・3・24)となっており、単複ともに回収率100%を超えています。

これが3歳に絞ると(4・3・2・12)とさらに上昇します。

初の2000m戦でありますが大いにプラスに出る可能性が高いと思っています。

ハーツクライ産駒なのでトニービンを持ちますので血統傾向にも合致。

人気に答える走りを見せてくれると思いますしこちらも思い印を打ちたい1頭ですね。

以上で弥生賞ディープインパクト記念2022予想考察を終わります。




↑このページのトップヘ