競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

重賞展望予想

チューリップ賞2022予想考察です。

阪神芝1600mで行われるGⅡチューリップ賞2022。

今年はサークルオブライフ・ウォーターナビレラあたりが人気の中心となりそうです。

桜花賞へ向けての最重要トライアルと言えるチューリップ賞。今年もここから桜花賞、そしてオークスで主役となる馬が出てくるのでしょうか。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

阪神JF組が活躍。1400実績がトレンド!

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

チューリップ賞2022

1番人気は4勝3着1回とほぼパーフェクトな戦績。

その1番人気馬は全てが前走阪神JF組となっています。

また過去5年の勝ち馬は阪神JF最先着馬もしくは連対馬であり、例外は昨年のエリザベスタワーのみ。

昨年は阪神JF馬券内組が揃って不出走となった年。すなわち阪神JF上位組が出てくれば狙うのはそこからということになります。

前走阪神JF組は3着以内なら複勝率100%となっておりその成績は(4・1・3・0)となっています。

また上がり2位以内だった馬も(3・1・2・0)とこちらも100%データ。

前走阪神JFで3着以内かつ上がり2位以内であれば限りなく馬券内に入ってくる可能性は高いと言えそうです。

今年は阪神JF上位組がしっかりと参戦してきます。

やはり同じ阪神1600mで行われるレース。ここでしっかりと走れていることは大きな強みとなっています。

基本的には前走阪神JF組を中心として考える必要がありますし、その中で前述した条件に該当する馬は評価を上げておく必要がありますね。

その他の組としてはオープン特別のエルフィンステークス・GⅢのクイーンステークス組が馬券に絡んでいますが、この組はどちらも前走で1・2番人気に支持されていた馬。

今年は2頭が該当しますがどちらも上記条件には非該当。

また、上位の上がりの脚も使うことが出来ていませんので今年は基本的に阪神JF組を重視することになると思っています。

またここ数年のトレンドとして1400m実績。

最近の阪神1600m重賞はスローの瞬発力戦になりにくい傾向にあり、どちらかというと持続力寄りになりがちです。

よって1400mで実績のある馬が度々好走しており、昨年のメイケイエールも1400m重賞勝ち馬でした。

血統

父サンデー系かつ母父ノーザンダンサー系という馬が毎年馬券に絡んできます。

昨年は2頭が該当しそのうちの1頭だったメイケイエールが勝利しました。

2年前・3年前も5頭が該当しそのうちの2頭がしっかりと馬券内。注目すべき血統傾向と思います。

チューリップ賞2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走阪神JF組で100%データである連対・上がりの脚どちらにも該当しており人気でもこの馬を外すことは考えられないですね。

1600m戦は3戦3勝ということでこちらも文句なし。

エピファネイア産駒となりますが、同産駒の阪神1600m戦データは非常に優秀でありもはや疑う余地がありません。

重い印をうつ以外にない1頭と思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

1400m重賞実績・父サンデー系、母父ノーザンダンサー系に該当。

前走阪神JF組であり連対・上がりの脚は非該当ですが上記の最近のトレンドにしっかりと該当しており外すことは出来ないと思います。

前走阪神JFにおいて先行勢は軒並み厳しい結果となっている中で粘りこんだ実力派素直に評価しておくべきでしょう。

今年は阪神JF組がそのまま結果を残すものと考えており、本馬にも重い印をうちたいですね。

以上でチューリップ賞2022予想考察を終わります。

阪急杯2022予想考察です。

阪神芝1400mで行われるGⅢ阪急杯2022。

今年はグレイイングリーン・タイセイビジョンあたりが人気の中心となるでしょうか。

高松宮記念へ向けての重要なステップとなる阪急杯。昨年は勝ち馬レシステンシアが高松宮記念でも連対を果たしました。

今年もここから本番で活躍する馬が出てくるのでしょうか。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

1400m巧者とマイル実績。欧州型血統。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

阪急杯2022

1番人気は(1・1・1・2)。複勝率としてはまずまずですが勝率としてみると物足りない。

昨年久々にレシステンシアが勝利しましたが長らく勝ちからは遠ざかっていました。

2桁人気の穴馬の好走も多々とあり荒れる重賞というイメージを持ちます。

前走距離別にみるとマイル組が断然であり、次に1400m組。

1400m組は阪神カップ組がメインとなっています。

阪神1400m戦はテンから速いラップとなり最後の急坂で一気に時計がかかる持続力が要求されるレースとなることが非常に多い。

まず注目すべきはリピート性。阪神1400mへ抜群の適性を見せる馬は要注目であり、過去の実績は注視しておく必要があります。

次にラップ別にみると前後半3Fのラップ差で好走する馬が変わってきます。

昨年のように後傾ラップとなれば間違いなく前の馬に有利。前傾となっても0.4秒差くらいであれば前の馬が残しやすいですね。

逆に速い前傾ラップとなれば差し馬に優位なレースとなり後方からバシっと末脚を伸ばしてくる馬が馬券に絡んできます。

今年の登録メンバーを見ると、過去3走で逃げた馬は無し。初角2番手を取っていた馬もわずかに3頭と逃げ先行勢が圧倒的に手薄な組み合わせ。

阪神の芝はまだまだ内が伸びていますのでこのメンバーなら激流にはまずならないはず。内前有利な展開を想定しておく必要があると思います。

ただ、基本的には持続力が要求されるタフなレース。マイル実績のある馬が優位であり短距離志向の強いタイプはやや割引。

マイル実績のある先行馬に注目したいと思っています。

血統

ダンチヒ・ニジンスキーといった持続力が要求されるレースに合う血統はまず注目。

サドラーズウェルズも合いますので基本的にはスピードの持続力を補填出来る血統背景の馬が良いと思います。

阪急杯2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

満を持しての狙いすました距離短縮だと思います。

本馬はこれまでに距離短縮ローテが6回ありますがその全てが馬券内であり(2・2・2・0)です。

その2勝はどちらも1600mから1400mへの距離短縮時のモノとなっています。

前走は最重量ハンデかつ長期休養明けながらに0.1秒差4着と上々の内容。

得意の距離短縮であり実績もある阪神1400m戦。斤量も1.5キロ減ということで人気を背負う馬の中では重い印を打ちたい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

オープン昇格後7着8着とふるいませんが、どちらも差のない競馬。

特に2走前の阪神1400mで行われたスワンステークスでは0.3秒差で走ることが出来ています。

実際3勝クラスで阪神1400m勝利ということで持続力勝負は合うのでしょう。

前々から競馬が出来る点は今回のメンバーに限ると魅力だと思いますし、血統を見てもトニービンのクロスにノーザンテースト持ちということで持続力問われるタフなレースでこそですね。

マイル実績の無い馬ではありますが、距離短縮で一変の可能性が十分にある1頭と思います。

事前オッズでは想定2桁人気。高配当の使者となってほしいですね。

以上で阪急杯2022予想考察を終わります。



中山記念2022予想考察です。

中山芝1800mで行われるGⅡ中山記念2022。

今年はダノンザキッドが断然の人気に支持されることになりそうですね。

いよいよ春競馬の開幕。春のGⅠ戦線へ向けて非常に重要なステップとなる中山記念。

今年もここから今年の中央競馬を盛り上げてくれる馬が出てくることとなるのでしょうか。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

今年は超ハイペース!?欧州血統が活躍か。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

中山記念2022

1番人気は2勝ということで勝率してはまずまず。

全体的には極端な荒れ方はしないものの小波乱となることが多いレースとなっています。

GⅡ戦ということ、春の大きなレースへと繋がるということから前走重賞組が上位を占めており重賞組以外で馬券になったのはわずかに1頭。

そういった意味では非常に格が重要となっているレースであることがわかります。

前走からのステップとしては中山金杯組とマイルチャンピオンシップ組が非常に優秀な数値を残しており毎年のように3着以内に送り込んできています。

質の異なるレースからのステップが良いということですがその中身としてはっきりと傾向がわかれています。

展開的に速くなりタフな持続力勝負となるのであれば距離短縮組が、道中ゆったり目に流れるような形になれば距離延長組の好走が目立っています。

登録メンバーをしっかりと精査しどちらの展開になるかで狙いを定めていく必要がありそうですね。

経験値としては非根幹距離、出来れば1800m戦での実績がある方が良いことに間違いはありません。

中山1800mはもちろんのこと他場でも1800m戦での実績があるような馬は評価を上げる必要があると思います。

血統

サドラーズウェルズ・トニービンといった持続力勝負に強い欧州型の血統は間違いなく合います。

持続力が要求されるようなレースになりやすいことがわかりますね。

ノーザンテーストも合っているのでやはり2ターンの非根幹距離らしく持続力が要求されるレースとなるということでしょう。

中山記念2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

今年はおそらくハイペース。距離短縮組を重視してみたいところ。

その中でハイペースの先手となればこの馬を買わないわけにはいかないですね。

特に2走前が非常に良い内容で前後半1000mラップ差が4秒以上ある激流を押し切ったのは大きく評価したい。

前走は距離的にも厳しかった印象なのでこの短縮はプラスに向くことに間違いないと思います。

血統を見ても母父サドラーズウェルズ系・母母父にミルリーフ系ということでタフなレースになればこそ。

昨年は前に行けず何もできないままに終了しているのでとにかく先手を主張することが重要。

1800m重賞で2着の実績もあるので非根幹距離は問題ないでしょう。

内目の枠が引ければ思い印を打ちたいですね。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前述した馬が2走前に押し切ったレースでの2着馬となります。

中山2500m日経賞で4着ということで中山非根幹距離での実績があるのですが当時先着された3頭はかなりの豪華メンバーなので中山非根幹距離への適性はあると思います。

重賞で2着に好走しているのは小倉と福島なのですがどちらも小回りかつローカルとしては坂のある舞台でのもの。

日経賞の走りからも小回り坂は合うと思いますし持続力が要求されるタフな競馬でこその馬だと思います。

父オルフェーブルということで欧州志向の強い馬ですし、母父はカロ系ということからグレイソヴリンの血を引くのでこれはトニービンに近いモノがありますので血統背景からもタフな展開でこそ。

前傾ラップのタフな流れになるなら一発の魅力が十分にある馬だと思います。

以上で中山記念2022予想考察を終わります。





京都牝馬ステークス2022予想考察です。

阪神芝1400mで行われるGⅢ京都牝馬ステークス2022。

今年はギルデッドミラー・スカイグルーヴあたりが人気の中心となるでしょうか。

春のGⅠ戦線へ向けてしっかりと賞金を加算しておきたいとことであり、ここからGⅠでも主役となるような馬が出てくるのでしょうか。

PR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訳あり品をお得にお買い物「junijuni」★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「junijuni sponsored by TOKYO GAS」は、品質には問題のない<賞味期限間近品>や<パッケージ変更品>等の訳あり品を中心にお得な価格でお買い物できるショッピングサイト。

有名メーカーの食品やシャンプーなどの日用品から、ペット用品まで多様な商品をご用意しております。

毎日新着商品があるので宝探しのような気分でお買い物ができます♪junijuniで掘り出しものを見つけてみませんか?

▼お買い物はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では早速考察を進めていきましょう。

牝馬特有の阪神1400m適性は?欧州型血統に注目。

今年は昨年に続いて阪神開催。データは昨年の分しかありませんので過去の好走馬は端折ります。

昨年は逃げたイベリスが逃げ切り勝ちながらに2~5着は差し馬が独占と難しいレースでした。

阪神1400mで行われるということで京都1400mとは全く異なる適性が問われることになります。

阪神1400m戦は基本的に持続力勝負でありタフなレースになることが非常に多いです。

そして瞬発力の問われない特殊な舞台であることからリピーターが出てくるレースでもあります。

ゴールに向かってどんどん時計のかかる消耗戦となることが多いわけですが、牝馬限定となるとやや異なるレースとなることが多い。

昨年もそうでしたが道中でやや緩む傾向にあります。

同舞台の近い開催で牝馬限定と言えばフィリーズレビューがあるのですが、過去5年開催で4回が道中で少し緩んでいます。

基本的には前傾ラップとはなり、ラストの急坂で時計のかかるレースとなるのですが4~5F目で少しだけ緩むことで牝馬特有の軽さが出ていると思っています。

よって基本的にはぐりぐり押していくような短距離馬ではなくマイル的な要素が少し強くなるのかと見ます。

スピードの持続力は必須なので11秒台を刻むようなラップのマイル戦での実績はここでも通用すると見ています。

もちろんのこと阪神1400m戦での実績は重要。阪神1400mで尚且つ道中緩んだレースで好走していれば舞台適正として文句ないと判断したいですね。

血統

牝馬限定重賞ということでキングマンボは無視できません。

ただ母数が非常に多いのでヒキが難しいところ。キングマンボには注意を払いつつ他の血統に注目。

ということで欧州の血ですね。

昨年は父キングマンボのロードカナロア・父欧州志向強いステイゴールド一族オルフェーヴル・父キングマンボ母父サドラーズウェルズ系で1~3着を占めました。

今年もこの系統には注目ですね。

京都牝馬ステークス2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

前走牡馬混合3勝クラスの阪神1400m戦でしっかりと勝ち切りました。

本馬は瞬発力戦となってしまうとダメなので1400mの持続力勝負が合っているのは間違いありません。

そしてその前走は道中緩んだ阪神1400m戦。最強世代と言われる4歳(当時3歳)が2~4着ということで、ここを抑えて0.5秒差つけて勝ち切ったあたりは高い適性があるということですね。

父キングマンボということで血統的にも良いと思いますし、前に行ける脚質も今の阪神では良いですね。

いきなりの重賞制覇まであると思っています。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前述したフィリーズレビュー勝ち馬。当時は重馬場でしたが道中緩んだレースであり牝馬限定らしいレースでした。

やはりキレが求められる1600m戦は分が悪い。1400mでこそのタイプであることは戦績からも明白です。

前走は出遅れて直線行き場をなくした上に大外に切り出して脚を余す非常にもったいない競馬でしたがあの内容で掲示板まで持ってこれるのは能力があってこそ。

斤量がどうかというところですが56キロはオープン3着の実績がありますし、斤量増となるレースではGⅠを除いて全て好走。斤量苦は考えないで良さそうです。

血統を見ても欧州の血の塊。好走実績のある相性の良い鞍上に久々に戻って一発に期待したいですね。

以上で京都牝馬ステークス2022予想考察を終わります。

フェブラリーステークス2022予想考察です。

東京ダート1600mで行われるGⅠフェブラリーステークス2022。

今年はカフェファラオ・レッドルゼルあたりが人気の中心となるでしょうか。

いよいよ今年最初の中央競馬GⅠです。非常に大きな注目の集まるレースとなることに間違いないでしょう。

PR

=======================================================
  
★家計と地球にやさしいお買い物「junijuni」★

=======================================================

「junijuni」は東京ガスが提案する新しいお買い物のかたち。

賞味期限間近やパッケージ変更などを理由に廃棄対象となってしまう商品を中心にお得な価格でお買い物できます。

さらに売上の一部を寄付しており、お客さま自身が商品毎に寄付先を選ぶことが出来ます。

お得にお買い物しながら、<ロス削減>と<寄付>の社会貢献ができるショッピングサイトです♪

あなたもjunijuniで一歩踏み出してみませんか?

▼「junijuni sponsored by TOKYO GAS」はこちら

================================

では早速考察を進めていきたいと思います。

適性とスペシャリスト。偏りある血統傾向。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

フェブラリーステークス2022

1番人気の安定感は抜群。(3・1・1・0)ということで抜けた成績ですね。

一方で穴馬の好走も多々あり1番人気の安定感とは裏腹に波乱のGⅠとなることが多いです。

過去5年の傾向として前哨戦で注目はチャンピオンズカップと根岸ステークス。

勝ち馬の4頭はここから出ていますし3着以内の大半もここから出ています。

根岸ステークス組は、はっきりとデータが出ており根岸ステークスで2着以内が必須条件。

3着以下の馬は(0・0・0・20)という非常に厳しいデータ。

逆に連対馬は(2・1・3・3)と高確率で好走してきています。

今年の登録馬で根岸ステークス連対はテイエムサウスダンのみ。注目したい1頭ですね。

次にチャンピオンズカップ組です。チャンピオンズカップ組からは中京ダートへの適性の無さと東京ダートマイルへの高い適性を見せている馬に注目したい。

中京ダート1800mと東京ダート1600mでは求められる適性が全く違いますし、何より東京ダート1600mは特殊性の非常に強いコース。

中京ダート1800mでは走れなかったがここで一気にパフォーマンスを上げてくるような馬に注目することになります。

つまりは東京1600mでの好走実績のあるチャンピオンズカップ敗退組ということですね。

これは他の路線から来る馬にも同じことが言えます。

地方重賞経由であれば地方の重い馬場では走れなかったが東京での実績が十分にある馬ということですね。

逆に言うなら地方や2ターンの競馬で高いパフォーマンスを示している馬はここでは凡走してしまう可能性が高くなるということになります。

前述したとおり東京ダート1600mはスペシャリスト的な、東京でこその適性を高く持っている馬が好走するコース。

東京適性・東京実績のある前走敗退組が巻き返すレースと言えますね。

血統

サンデーの血は不要とも言えます。特に父サンデー系はもはやゴールドアリュール以外は厳しいと言わざるを得ません。

ただ、コテコテの米国型が走るというかと言えばそうでもなくやや芝の適性があるような血を持っているのも重要。

芝スタートということと芝のような上がりが出るレース。芝要素のあるダート血統は合うということですね。

フェブラリーステークス2022注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

最後に勝利したのは3年前。もはや終わったかと思われているかもしれませんが近走の走りを見る限りはまだまだやれる。

前走も着差1.1秒つけられているものの、2着馬との差はわずかに0.1秒。能力的にはここで通用するモノはあるはず。

適性は疑いようがなくここでの勝利実績があります。昨年は同レース6着でしたがこれは控えて差す競馬を試みてのもの。

鞍上の特徴として同型が多数いるときはだいたいが控えて競りかけることをしません。

それがまさしく昨年のレースだったということ。

前走では一転して前に行く競馬を見せました。おそらくですがハナに立つことを想定していたと思います。

今回は登録メンバー的に見てもテンから出していきたい馬はかなり手薄。今度こそのハナを奪う競馬をしてくるかと見ています。

3年前の再現のような競馬で復活の激走を期待したいですね。

フェブラリーステークスにおいて7歳以上の馬は過去5年で勝利こそないですが好走率は悪くない。

その好走した馬のほとんどが東京ダート1600m重賞実績のある馬。

データ的な後押しもありますし大きな期待を持ちたい1頭です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

東京ダート1600mへの適性という面で見るとこの馬を馬券の対象から外すことは考えにくいですね。

同舞台で3勝していますがその3勝はオープンと重賞でのモノ。

わかりやすいくらい他の場所では走らない。チャンピオンズカップを含めて2ターン戦であったり地方の砂では結果が出ません。

中京1900mで勝利していますがこれはメンバーレベル的なモノもあって能力だけでもってきた印象。

やはり適性は東京にありそして東京ダート1600m戦はベストの舞台。

昨年同様のチャンピオンズカップからのローテ。厩舎的にも狙いすましてしっかりと仕上げてきてくれるはず。

重い印を打つことになるでしょう。

以上でフェブラリーステークス2022予想考察を終わります。



↑このページのトップヘ