競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

40代ベテラン看護師による重賞考察と予想ブログ。ポイントサイト活用方法も掲載中!

展望

青葉賞2019予想です。

東京芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2019。

今年はランフォザローゼス・ウーリリあたりが人気の中心になりそうです。

令和最初のダービーへの出走権をかけた大事な前哨戦。

ここから本番で激走するような馬が出て来るかどうか。

10連休初日に注目が集まる重賞となりそうです。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/////////////////////////////////////////////////////////////////////
■   * ☆☆☆ 2019福招きキャンペーン ☆☆☆ *
■■
■■◆  生活環境に関する簡単なアンケートに協力してね♪
■■■■ 『JTBナイスギフト』『楽天ポイントギフトカード』等、
■■■■  素敵な商品をプレゼント!



/////////////////////////////////////////////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

[adsense]
では早速予想に入りましょう。

青葉賞2019本命と穴馬


青葉賞は末脚の性能が非常に問われるレース。

前に行けないテンに遅い鈍足馬でもグイグイ脚を伸ばして馬券に絡んで来ることが多々とあります。

加速性能プラス末の持続が求められると思っています。

血統背景としては欧州型の血統が好相性。

では予想に入りますが本命はこの馬でいきたいと思います。

人気ブログランキングD

東京では確実な末脚を使う事が出来ている点が良いですね。

3走前はセリユーズに競り勝ち、2走前はランフォザローゼス・サトノラディウスとタイム差なしで走ることが出来ており能力的には通用するモノを持っています。

それでいてオッズ・人気的にはやや舐められている印象を受けますのでここは狙いたいですね。

血統背景を見てもトニービン・サドラーズウェルズを持っており好走する血統傾向に合致。

距離経験もありますしここは面白い1頭になると思っています。

次に穴で注目はこの馬です。

競馬ブログランキング

前走2200m戦を上り最速で勝ち上がっている点を評価したいと思います。

前走2200~2400m組が好相性の舞台であり尚且つ上がり上位の馬の好走率は非常に優秀です。

欧州型が走る舞台でパフォーマンス上がる傾向にあるキンカメ産駒であり母は現役時代東京競馬場と好相性でした。

厩舎・鞍上・生産者を考えると想定より人気になる可能性があるのですがここは押さえたい1頭です。

相手候補にランフォザローゼス・アドマイヤスコール

ランフォザローゼスは相性良いと判断された東京まで待って満を持しての参戦。

距離・血統背景と全く問題にならないでしょう。有力です。

アドマイヤスコールは加藤厩舎×外国人騎手。この時点で勝負気配ありなのですが、本馬は距離延長すればするほどにパフォーマンスがあがっており今回も距離延長。

鞍上がやや心配なところはあるのですが、ダービーで乗る有力馬は現状いないのでここは切符が欲しいでしょう。

以下、△としてサトノラディウス・タイセイモナーク・トーセンカンビーナ・ピースワンパラディ・ウーリリとしておきます。

やや手広くなりましたが、人気薄から入ることになるので抜けないようにしたいところです。

以上で青葉賞2019予想を終わります。

 

天皇賞・春2019予想考察です。

週末は平成最後の中央競馬。最後のGⅠ天皇賞・春2019が開催されます。

今回は各馬の能力と展開を考察していきたいと思います。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる☆
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[adsense]
では早速始めていきましょう。

気になる有力馬考察


フィエールマン

AJCCからのローテーションは全く気にしないで良いでしょう。

菊花賞勝ち時も異例のローテを組んでいましたし、ノーザン系列の馬が外厩で仕上げた馬に限ってはローテを気にして評価を下げると痛い目にあいます。

今の京都は非常に速い時計が出ますが、速い時計での決着には対応出来るでしょう。

危惧するとすれば持続力勝負になった時にどうかというところだけですね。

エタリオウ

非常に安定して走る一方で乗り難しい馬。

勝ち切れないのは気を抜いて走り切れない気性にあります。

この馬は持続力・瞬発力戦どちらも対応出来ていますし、速い時計にも対応出来るので展開に左右されずにしっかりとまとめてくるだろうとは思います。

危惧するとすれば斤量負けしないかどうか。

馬格があまりない馬なので初の58キロがどうでるか・・・というところ。

そしてこのデータも気になります。

(0・0・1・17)

この最悪のデータにエタリオウは該当しています。

このデータはこちら

人気ブログランキングC

このデータをひっくり返してデムーロ騎手が天皇賞秋で敬礼した天皇の退位を祝うことが出来るのかどうか。

ちなみにこのデータにはユーキャンスマイル・メイショウテッコン・グローリーヴェイズといった人気になりそうな有力馬も該当してしまっています。

このあたりも全て馬券外になるなら大荒れまでありそうですが果たして・・・

斤量負けというキーワードからこの馬も少し。

パフォーマプロミス

この馬はオープンに上がってから斤量57キロ以上で凡走し56キロ以下で好走を繰り返しています。

馬格があまりないので斤量に敏感なのかもしれません。

今回は昨年の宝塚記念以来の58キロ。

血統・厩舎・生産者の背景から穴人気するかなと思っていますが、馬キャラとしては苦しい競馬が想定されます。

では展開面を考えた上で波乱を演出しそうなのはどの馬か。

ずばりこの馬だと思います。

競馬ブログランキング

ここが好走するようならとんでもない馬券が飛び出すかもしれません。

小頭数の天皇賞・春は荒れにくいのですが平成最後のGⅠで最後の大万馬券が出るかどうか。

日曜日がいまから待ち遠しいなと思っております。

以上で天皇賞・春2019考察を終わりたいと思います。

青葉賞2019予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅡ青葉賞2019。

今年はランフォザローゼス・ウーリリあたりが人気の中心になるでしょうか。

令和最初のダービーへの切符を手にするのはどの馬になるのか。

10連休の初日に注目が集まる重賞となりそうです。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
生活・通信環境に関する簡単なアンケートに答えて当てよう!!
* ☆★☆★☆ 2019福招きキャンペーン! ☆★☆★☆ *

生活環境に関する簡単なアンケートに協力してね♪
『JTBナイスギフト』『楽天ポイントギフトカード』等、
素敵な賞品をプレゼント!

詳しくはコチラから



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

[adsense]
では早速考察を進めて行きましょう。

末脚勝負。欧州型血統に注目。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



上がりの脚が重要。

上がり上位の馬が馬券内の大半を占める結果となっています。

東京での末脚勝負ということでノーザンファーム系の馬が好走しています。

ノーザンファーム系の馬で馬券内の2/3程度を占める結果となっていますね。

前走上がり最速馬は3勝2着3回3着3回となっており、上がり2位までを加えると5勝全てを占めています。

距離別に見ると2200~2400m戦に出走していた馬で馬券内のほとんどを占めており、さらには1・2番人気馬で且つ勝ち切っていた馬の好走率は非常に優秀。

データとしては前走2200~2400m戦に1・2番人気で出走し上がり1・2位で勝ち切っている馬がいるのならば好走確率はかなり高いということになります。

限りなくこの条件に近い馬が数頭いるので注目したいですね。

過去5年のラップを見てもラスト3Fの末脚勝負となっておりラップを見てもやはり末脚勝負であることは明白。

前々からの競馬をするタイプは非常に好走率が低く、青葉賞において4角3番手以内でレースを進めた馬は3着内に1頭も入ることが出来ていません。

中団でじっくりと脚を溜めて末脚伸ばせる馬を狙っていくレースとなります。

血統

末脚性能が問われるということでディープ産駒が合うことは言うまでもない感じですね。

注目したいのは欧州型の血統を持つ馬が人気薄で度々好走している点でしょう。

サドラーズウェルズ系を始めとして、トニービン等の欧州型の血統を持っており尚且つ後方から末脚伸ばす行き足つかないタイプが狙えるレースとなっています。

昨年も14番人気4着だった馬はサドラーズウェルズを持っていました。

勝ち馬ゴーフォザサミットはトニービンを持っていますね。

今年も欧州型の血統を持つ馬には注目しておくべきでしょう。

青葉賞2019注目馬・穴馬


現状で注目したいのはこの2頭ですね。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

今年の登録メンバーの中で前走前走500万条件以上の2200~2400m戦を上り最速で勝ち上がってるのは本馬のみです。

キンカメ産駒なのですが、総じて欧州型が走る舞台での相性は良いですし何より母はフローラステークス勝ちでオークス3着馬であり、舞台適正は高いように思います。

上がり勝負になれば好勝負が期待出来るはず。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走東京2400mで連対を確保し上がり2位の脚を使えています。

この馬は血統背景が好走条件と非常にマッチしており、父にトニービンを母にサドラーズウェルズを持っています。

右回りで凡走し左回りでパフォーマンスをあげており、尚且つ上がり33秒台の脚を使えているという点もプラス材料。

ポジション取れないタイプですが得てしてこういうタイプが青葉賞では好走しやすいので極端な内枠を取らなければ注目したい1頭となりますね。

以上で青葉賞2019予想考察を終わります。

天皇賞・春2019予想考察です。

京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞・春2019。

今年はエタリオウ・フィエールマンあたりが人気の中心になると思われます。

シャケトラの登録名を見るとちょっと切なくなってしまいますが・・・

平成最後の天皇賞ですが回避馬も出ており12頭前後のちょっと寂しい感じになってしまいそう。

ただ、10連休真っ只中で行われますし盛り上がっていきたいですね。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
生活・通信環境に関する簡単なアンケートに答えて当てよう!!
* ☆★☆★☆ 2019福招きキャンペーン! ☆★☆★☆ *

生活環境に関する簡単なアンケートに協力してね♪
『JTBナイスギフト』『楽天ポイントギフトカード』等、
素敵な賞品をプレゼント!

詳しくはコチラから



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

[adsense]
では早速考察を進めて行きましょう。

ロングスパート持続力勝負。トニービンが特注。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



5歳以上の活躍が目立ちます。

年齢を重ねた馬が好走出来る=瞬発力戦にならないことを意味しています。

一瞬の加速力や瞬発力は加齢と共に衰えてしまいますが、持続力やスタミナといったものは衰えが非常に緩やか。

3200mという距離を走り切るスタミナはもちろんですがレース傾向としてスローで淡々と流れて瞬発力戦にならないということですね。

昨年の菊花賞は歴史的なスローからの瞬発力戦になりましたが、天皇賞春はそうはなりにくい。

過去のラップを見ても後傾ラップにはなるもののラスト4Fで11秒台を刻み続ける持続力問われるレース。

長距離戦なので走り切るスタミナはもちろんですが最後まで如何に脚を伸ばし続けることが出来るかがポイントになります。

距離3200mということで最後には脚色が全馬だいたい同じになってしまうことから内枠・イン突きが好走条件。

外を回すとかなり厳しいですね。過去にも外を回して飛んだ人気馬は数知れず・・・

2桁馬番の馬は相当に適正があるもしくは能力があるタイプでないと厳しいと思います。

もしくはイン突きが出来る騎手が鞍上であるということですかね。

昨年のレインボーラインがまさにこの感じで鞍上はイン突きにこだわる岩田騎手。素晴らしい騎乗でした。

そして前々からの競馬をしている点も重要です。

過去5年で前走4角4番手以内の馬が5勝2着3回3着3回と圧倒的な数値を残しており、天皇賞・春のレース内容自体で見ても4角5番手以内の馬で4勝2着3回3着3回となっています。

逃げ馬の成績はキタサンブラックが引き上げてしまっていますが・・・

前走前々からの競馬を経験していた内枠の馬に注目ということになりそうです。

血統

欧州型、特にトニービンの血は特注です。

毎年のように3着以内に1頭以上はトニービンの血を持つ馬が好走しています。

昨年も2着にシュヴァルグランが入りましたし、5着だったチェスナットコートもトニービン持ちです。

欧州型が走るレース=ステイゴールド産駒にも合うということになります。

ステイゴールド産駒が度々凱旋門賞で好走しているように適正がちょっと似ているんですよね。

今年もトニービンにまずは注目。ステイゴールドにも注意しておくというところでしょう。

天皇賞・春2019注目馬・穴馬


現状で注目しているのはこの2頭ですね。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

これは嫌う要素が無いなという印象を持ちます。

ここ2戦でドスローの瞬発力戦・ロングスパートの持続力戦で共に結果を残しています。

長距離戦でも結果を出していますし、距離への不安はありません。

血統的にも相性よいですし現在の本命候補です。

続いてこの馬。

競馬ブログランキング

昨年は絶好の内枠を引きながら、外々を回る形になってしまい結果として最後は伸びきれず。

クリンチャーのポジションが取れていれば・・・という内容でした。

ただ、外々回しながらに掲示板を確保したあたりは適正の高さが伺えます。

今年は前走凡走からの参戦となりますし全く人気にはならないと思いますが、再度の内枠を引くことが出来れば面白い存在になりそう。

厩舎的にも叩いて上昇することは間違いないので枠順次第で狙いたい1頭ですね。

以上で天皇賞・春2019予想考察を終わります。

 

 

マイラーズカップ2019予想考察です。

京都芝1600mで行われるGⅡマイラーズカップ2019。

今年はダノンプレミアムが人気の中心となるレースになりそうです。

安田記念へ向けての前哨戦となるマイラーズカップですがここから春のマイル王となる馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞となりそうです。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】

人気予想家の推奨買い目は!?
今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!




[adsense]
では早速考察を進めて行きましょう。

高速決着。1400m実績重視。


まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。



1400mからの臨戦馬の成績はかなり優秀なのですが今年は不在。

ケイアイノーテックはダート1400mからとなりますがダートからの臨戦は参考外ですね。

1400mからの臨戦馬が活躍する背景としては高速決着になることがあげられますね。

過去5年の走破タイムを見てみると1分31秒台~32秒台の速い時計での決着となっています。

さすが春の開幕週の京都と言えます。

1400mで好走出来るようなスピードとだらっと脚を伸ばす持続力が合うのでしょう。

こういう競馬になることから本番の東京マイルで行われる安田記念にはあまり直結していませんね。

狙いどころはマイル戦で1分32秒台までの走破時計を最近マークしており、1400m戦でも活躍できるようなタイプと言えます。

血統

高速決着ということでベタにディープ産駒やキンカメ産駒は合いますね。

あとは欧州型の血統やグレイソヴリン系といった持続力に秀でた血統に注目しておきたいと思います。

マイラーズカップ2019注目馬・穴馬


今年は1400mからの臨戦馬がいないので速い持ち時計があり尚且つ1400m実績があるような馬を狙ってみたいですね。

注目しているのはこの2頭です。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

3走前に秋の東京マイル戦で好タイムで勝ち切っていることと、1400m戦での実績を評価したいですね。

高齢馬ですが充実期に入っているように感じます。

昨年も同レースに出走しているのですが大外枠を引いてしまいました。

今回内枠取るようなら面白い存在になると思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

2か月以上の長期休養明けは2回ありますが共に好走。

高速時計での実績・1400m実績ともにありますし何より昨年レコード決着となった本レースで好走しています。

小頭数の方が本馬はレースがしやすいと思いますので今年も期待して良いかと思います。

2レース続けての着外が続いたことで人気が少しでも落ちれば妙味あるのですが。

以上でマイラーズカップ2019予想考察を終わります。

↑このページのトップヘ